リハビリ資格 作業療法士

作業療法士のスキルアップにつながる3つの資格

投稿日:7月 25, 2019 更新日:

理学療法士や作業療法士は今後競争が激しくなり、スキルアップが絶対必要になってきます。

スキルアップをするための近道であり、有益なのは資格を取ることだと思います。

今回は理学療法士や作業療法士のスキルアップに役立つ資格を紹介していきます。

スポンサードサーチ

なぜスキルアップと資格が必要なのか

常日頃から自分磨きに励む人には関係ない事かもしれませんが。

理学療法士や作業療法士は年収が低いです

更に、療法士の数はどんどん増えているので飽和していき仕事が無くなります

⇒⇒作業療法士は飽和しますが生き残る方法は簡単です

低い年収を上げる為には、自分の能力を上げなければなりません

理学療法士や作業療法士が飽和した時、生き残るには会社に必要とされる人材にならないといけません

この2つの課題をクリアできるのがスキルアップのために資格を取ることです。

解説します。

資格を取得すると能力が上がり、年収アップにつながります。

必要となる人材になるためには、闇雲に技術を上げるのもいいですが、資格は目に見えるものです。目に見えるものは信頼されやすいです。

信頼されるということは、必要な人材になれるということです。

資格の大事さが分かってもらえたら幸いです。

スキルアップになる3つの資格

それでは本題である、作業療法士のスキルアップにつながる3つの資格を紹介していきましょう。

  • 住環境コーディネーター
  • 認知症ケア専門士
  • 介護支援専門員

以上の3つです。それぞれ解説します。

住環境コーディネーター

御存知の方も多いかもしれませんが、住環境コーディネーターの紹介です。

この資格は東京商工会議所が主催する民間の資格です。

具体的な説明がホームページに載っていたので引用します。

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

東京商工会議所HP

この資格では介護保険法から建築基準法、障害や疾患を学びます。

作業療法士の養成校で学んだ知識を応用できるので取得しやすいです。

そして、この資格で得た知識はおもに高齢者や障害者の住宅改修に役立てることができます

作業療法士が住宅改修に携わる事は非常に多いです。

ほとんどの分野で関わります

なので作業療法士と非常に相性の良い資格です。

福祉用具専門員や介護福祉士、建築士の方々も取得している場合が多いです。

比較的メジャーなので、他者からの評価にもつながりやすい資格です。

参考リンク⇒⇒福祉住環境コーディネーター2級に必ず合格できる勉強方法を紹介

認知症ケア専門士

日本認知症ケア学会が主催する民間資格です。

具体的な内容をホームページより引用します。

「認知症ケア専門士」とは認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し, わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設立された 一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です.

日本認知症ケア学会

今後増えていく認知症患者のケアのスペシャリストとなる為の資格として注目されています

認知症の方と関わる機会の多い作業療法士にはとっておきの資格と言えます。

実務経験や更新が必要だったりと取得のハードルが高く、非常に価値のある資格です。

介護支援専門員

こちらもご存じの方は多いと思います。

介護保険制度に基づいてケアマネジメントを行うための資格で、一般的にはケアマネと呼ばれることが多いです。

利用者が安心できる生活を支える為のケアプランを作成する事が主な仕事です。

居宅介護新事業所や、介護保険事業所など活動の幅は広いです。

試験内容は介護保険制度に関するものが多いので、介護保険に関する知識が豊かになります

地域の介護支援専門員との関わり方、連携の取り方も分かるようになります。

この資格は、作業療法士の仕事に応用できる場面が非常に多いです。

更に、この資格を取るだけで活動の幅は広がりますし、開業も可能になります。

なので、作業療法士のスキルアップにもってこいの資格です。

受験資格や更新が必要だったりと、最も価値のある資格の一つと言えます。

スポンサードサーチ

資格を取る事で給料が上がるのか

結論:取るだけでは上がりません

資格を取っただけでは給料は上がりません。

しかし、資格を取る為に得た知識で仕事の実績を上げる事で給料は上がります

要は、その後の行動次第です。資格や資格で得た知識をどのように応用するかです。

まとめ

資格は大事です。

ですが、資格を取るのは簡単ではありません。だからこそ価値があります

給料を上げたり、生き残る為の手段としては最適です。

とにかく行動しなければ何も始まりません。一緒にがんばりましょう。

-リハビリ資格, 作業療法士
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

作業療法士が仕事を辞めたいなら早く辞めた方が良い理由

作業療法士や理学療法士が仕事を辞めたいと思う事は、誰にでも。必ずあると思います。 私も1度、仕事を辞めていますが、その結果はメリットばかりだったと思っています。 基本的に仕事を辞めたいときは早く辞めた方が良いので、その理由を解説していきます …

作業療法士の実習レポートがスラスラ書けるようになる方法

作業療法士の学生さんが実習中に抱える大きな悩みの一つ。実習のレポートについて。 レポートの内容と書き方や、スムーズに書けるようになる方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 実習レポートの書き方1.1 はじめに1.2 カルテ情報 …

作業療法士の国家試験合格に必要な物は過去問のテキストだけ

作業療法士になるためには国家試験に合格し、資格を取る必要があります。 作業療法士の試験に合格するには勉強が必要です。 僕は10年ほど前に試験に合格しました。その経験則から断言させてもらいます。 合格するための勉強に必要な物は過去問のテキスト …

理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト2選

理学療法士や作業療法士は当然ながら、国家資格を持っています。 なので転職がしやすい職種です。この記事では、転職に成功する方法。 つまり、より良い求人情報を見つける方法をまとめていきます。 転職に悩むリハビリ職「条件の良い職場に就職、転職をし …

【作業療法士の年収】給料は今後上がっていきます【将来性】

診療報酬や介護報酬の改定に伴い、作業療法士や理学療法士の収入は徐々に減っていると言われてきました。 しかし、最近では状況が変わってきています。今回は作業療法士等の給料について解説していきます。 作業療法士を知らない方は作業療法士について解説 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら