理学療法士

理学療法士が仕事を辞めたいとき、すぐに辞めても問題ない理由

投稿日:

理学療法士に限らず、誰にでも仕事をやめたいことはあります。

理学療法士の場合は、仕事を辞めたいときはすぐに辞めた方がメリットは多いです。

この理由を解説していきます。

スポンサードサーチ

理学療法士が仕事をすぐに辞めるメリット

理学療法士がすぐに仕事を辞めるメリットは以下の通りです。

  • 就職先が見つけやすい
  • 責任感を負わなくていい
  • 自己研鑽につながる

こんなところです。それぞれ解説します。

就職先が見つけやすい

ご存知の方も多いと思いますが、理学療法士の数は急増しており

いずれは飽和していくと言われています。

具体的には10年後に理学療法士の数が需要を上回ると言われています。

需要が無くなると、言うまでもなく就職先が無くなります。

なので、理学療法士が今の仕事を辞めたいなら、

なるべく早く辞めないと次の仕事が無くなるというわけです。

情報元:厚生労働省HP

責任を負わなくていい

リハビリ業界は年功序列で出世することが多いです。

なので今の職場に長く勤めるほど責任が重くなり

辞めたいときに辞めることが難しくなります。

もちろん出世したから仕事を辞めれないなんてことはないです。

でも出世して責任を感じ、辞めにくくなったと思う人は多いと思うので

責任を負わなくていい、という意味で早い方が自由に辞めることができると考えられます、

自己研鑽につながる

理学療法士が仕事を辞めて、新しい職場で働くことは自己研鑽につながります。

未経験の分野で働くことは毎日が新しい技術や知識を身につける経験の連続です。

未経験の分野でなくとも、仕事のやり方が異なるので、それだけで自己研鑽につながります。

なので仕事を辞めて、異なる職場で働くことは自己研鑽に最適な行動です。

辞めたい理由はどんな物でも問題ない

理学療法士が仕事を辞めたい理由で挙げられる物は以下の通りです。

  • サービス残業や薄給で労働環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 今の環境では将来が不安
  • 自分に対する評価が不当
  • 他の分野に興味がある
  • そもそも理学療法士に向いていない気がする

こんな理由が多いようです。

どの理由でも仕事を辞めて問題ないです。

無理して仕事を続けても消耗するだけです。

サービス残業や給料が低いと働きがいがありません。

人間関係の悪い職場で働いていても、仕事の効率が悪いですし、精神的に著しく疲弊します。

経営状況が悪い将来性の無い職場で働いていても時間を無駄にするだけです。

自分に対する評価が明らかに不当なら、残念ですが、これからも不当な状況は続くと思います。

他の分野に興味があるなら、ぜひその分野に行くべきだと思います。早く移るほど、他分野へ費やせる時間が多くなります。

そもそも理学療法士の仕事が自分に合ってないように感じるなら、一度辞めてみていいと思います。

そして全く違う職業に就いてみてもいいですし、

違う分野に移ってみると、実は理学療法士は自分に合っている職業だと思い直すかもしれません。

とにかく現状を変えないことは消耗するだけなので

理学療法士が辞めたい仕事を無理矢理続けることは、私はおすすめしません。

スポンサードサーチ

辞めるのは不安ですが資格と仕事がある間は大丈夫です

仕事を辞めて新しい事を始めるのは勇気が必要です。

ですが、ここは国家資格という最大の強みを生かせるので安心してください。

国家資格は最高の保険です。

国家資格を持っていて、就職先がある今のうちならいつ辞めても大丈夫です。

絶対に死ぬことはありません。

無責任な意見かもしれません。ですが私も一度、後先考えずに、とりあえず作業療法士の仕事を辞めましたが。全く問題ありませんでした。

それどころか条件の良い作業療法士の仕事を始めることができたので

辞めたのは正解だったと思っています。

やはり国家資格は強いです。

人気記事 理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト3選

自分を助けることができるのは自分だけです

残念ながら、最後に自分を助けることができるのは自分の行動だけです。

辞めたい仕事を続けて消耗するのか、新しい仕事に就き自分を助けるのか。

全て自分の行動次第です。

-理学療法士
-,

関連記事

理学療法士の平均年収はいくら?これから上がる?

これから理学療法士になる人や、理学療法士として働いている人は、理学療法士の平均年収は気になると思います。 この記事では、理学療法士の平均年収を紹介し、これから年収が上がるのかまで解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 理学療法士の平 …

理学療法士が公務員になるには?あまりオススメできない?

この記事では理学療法士が公務員になるにはどうすればいいか解説します。 公務員は非常に人気の職業です。それは理学療法士の業界でも同様なので、その方法を紹介します。 また、理学療法士が公務員として働くことをあまりオススメできない理由についても解 …

理学療法士の仕事が大変なら改善するべき

仕事の大変さは、職場によって差が大きいです。 もし、理学療法士として働いている今の職場が、不当に大変ならば改善していくべきです。 理学療法士の仕事は何が大変か、平均的な仕事量はどの程度か、大変な仕事を改善する方法は何か、 これらをまとめてい …

理学療法士は増えすぎ?仕事がなくなる?解決策はあるのか解説します

理学療法士の養成士施設の乱立により、理学療法士の数は近年急増しています。 理学療法士が増えすぎたあまり、仕事がなくなる可能性まであります。 では、具体的にどれくらい増えているのか、解決策はあるのか解説していきます。 スポンサードサーチ 目次 …

将来が不安な理学療法士は多い。できることはなにがある?

目まぐるしく変わる業界の様相をみて、将来が不安な理学療法士は多いようです。 この記事では、現役の理学療法士がどんな不安を抱えているかまとめ、その解決策まで解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 理学療法士が抱える将来の不安とは?1. …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら