作業療法士 転職

作業療法士が仕事を辞めたいなら早く辞めた方が良い理由

投稿日:7月 24, 2019 更新日:

作業療法士や理学療法士が仕事を辞めたいと思う事は、誰にでも。必ずあると思います。

私も1度、仕事を辞めていますが、その結果はメリットばかりだったと思っています。


基本的に仕事を辞めたいときは早く辞めた方が良いので、その理由を解説していきます。

スポンサードサーチ

作業療法士が今の仕事を辞めたいとき、早く辞めた方が良い理由

結論から言いますが。


作業療法士が今の仕事を辞めたいと思っているときに早く辞めた方が良い理由は、メリットが多いからです。


これを深掘りしていきます。


作業療法士が仕事を辞めたいとき、早く辞めた方がメリットが多い理由

仕事を辞めたいとき、早く辞めた方がメリットの多い理由は以下になります。

  • 自由に辞めやすい
  • 就職先を見つけやすい
  • 成長できる

それぞれ解説します。


自由に辞めやすい

メリットの多い理由の一つ目は、

作業療法士は就職してから早い段階の方が自由に辞めやすいことです


なぜならば、作業療法士の業界は出世の仕組みが年功序列の場合が多いからです

どの業界にも言えることですが、出世して何らかの役職に就くと、抱える業務や責任が多くなります

抱える業務が多くなると手放すのが大変になります。責任を放棄するのは周囲からの視線や印象も気にしてしまうと思います


更に。

作業療法士以外にも当てはまる事ですが、誰しも若ければ若いほど身軽です。

行動力はありますし、家庭の心配もいらないですし、若い人ほど仕事の条件を満たしやすいです。


就職先を見つけやすい

就職先は早く行動しなければ、どんどん見つけにくくなります。

理由は作業療法士の数が増え、仕事がなくなるからです。


いわゆる作業療法士の飽和です。

飽和してしまうと、仕事はなくなりますよね。


飽和は今後問題になってきます。「作業療法士は飽和しますが生き残る方法は簡単です」に書いていますので、見てみてください。


成長できる

メリットの多い理由の3つ目ですが。

作業療法士にとって最も大切なことの一つは自己研鑽し専門性を伸ばす事です

仕事を辞め、新しい仕事を見つけることで成長ができます。


解説しますと。

新しい分野や仕事を始めることで、今まで見えなかったものが見えるようになります。

要するに、視野が広がるということです

作業療法士が広い視野を持つことの大切さは説明するまでもないですよね。

そして新しい仕事をすることで新しい技術や知識も身につきます

仕事を辞めることは成長するための行動として、極めて優れているということです

作業療法士が仕事を辞めたいとき、早く辞める事により得られるメリットは以上です。


スポンサードサーチ

作業療法士が仕事を辞めたいとき、本当に今の仕事を辞めてもいいのか

ここまで仕事を辞めたい作業療法士は早く辞めた方が良い理由を書いてきました。

ですが、本当に今の仕事を辞めても大丈夫なのか。

こんな理由で辞めてもいいのか。不安は残ると思います。

人によって辞めたい理由は様々だと思います

  • 環境の問題(残業や給料など労働環境が良くない人間関係が悪い今の環境では将来が不安自分に対する評価が不当
  • 分野の問題(他の分野に興味がある今の分野が自分に合っていない気がする
  • 適正の問題(そもそも作業療法士に向いていない気がする)

などです。


結論。どんな理由でも辞めていいと思います


理由を簡単に解説します。


環境の問題が理由の場合

労働環境や人間関係が悪いなら職場を変えるのが早いです。

労働環境や人間関係を改善するのも良いですが、それでは更に消耗してしまいます

今の環境で将来が不安なら尚更です。新しい環境では新しく視野を広げることができ、新しい将来が見えてくるかもしれません

明らかに自分への評価が不当であるなら、覆すのは難しいです。理不尽に対抗するのは非常に難しいです。

重い内容が続きましたが、辞めてしまえば、解放されます


分野の問題が理由の場合

新しい分野に興味があるなら、早く辞めることを勧めます

その方がより多くの時間を、次のステージで自分を磨く時間に費やせます。


適性の問題が理由の場合

今の分野が合っていない気がするなら。一旦、足を止めて他の分野について調べてみて、自分に合っているか考えてみるのがいいかもしれません。

もちろん、すぐに辞めても大丈夫です。資格があるので就職先はすぐにみつかります

そもそも作業療法士に向いていない気がするなら、辞めて、引退するのもありです。無理に続けて消耗するのも辛いですから。

しかし、他の分野や職場で働いてみるのもいいかもしれません。

違う分野や職場の仕事内容次第では、作業療法士は自分の適性にあった職業だと感じ方が変わるかもしれません

辞めても良い理由は以上です。

とにかく、仕事を辞めても死にません。

なぜなら、作業療法士は国家資格を持っている以上、再就職が圧倒的に簡単だからです。


とにかく行動しましょう

作業療法士が辞めたい仕事を、そのまま続けるのは消耗するだけです。

自分の人生を豊かにできるのは、自分の行動だけだと思います。

とにかく行動あるのみです。

繰り返しますが、仕事を辞めたいときは早く辞めた方が作業療法士は得をすると思います。

人気記事 理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト3選


スポンサードサーチ

まとめ

今回は作業療法士が仕事を辞めたい場合、どうすればいいかまとめていきました。

結論。辞めたい理由は人それぞれですが、どんな理由でも辞めていいです。

そして、辞めたことで得られるメリットも非常にたくさんあります。

-作業療法士, 転職
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

精神科での作業療法士の仕事が分かる記事

作業療法士の代表的な活躍の場の一つが精神科病院です。 精神科の作業療法士の仕事を詳しく知りたい方の為に、 精神科の作業療法士がどのような仕事をするのかわかりやすく紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 精神科の作業療法士の仕事内容2 …

作業療法士の仕事が辛いとき働き方を変えたら楽になる理由

人それぞれ、いろいろな理由で作業療法士の仕事が辛い時はあります。 今回は仕事が辛いときに働き方を変える事で楽になれる理由や働き方を変える方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 作業療法士の仕事が辛い時は働き方を変えた方が良い理 …

作業療法士国家試験に必ず合格できる3つの勉強方法

国家試験の対策や勉強方法で悩んでいる方のために必ず合格できる勉強方法を紹介します。 今年の作業療法士国家試験の合格率は71%でした。これからも試験の難易度は上がるといわれています。 ですが。今回紹介する勉強方法は今後の国家試験にもずっと対応 …

【新卒向け】会社をバックレる、その後のリスクを紹介

新卒で入った会社の環境が劣悪すぎて辞めたい。なんてことはよくある話です。 普通に辞めることが出来れば問題ないですが、退職を伝えづらい環境だったり、退職を認めてくれない場合もあります。 そんな時、選択肢としてあがるのはいっそのことバックレてし …

【2020年版】理学・作業療法士の国家試験勉強におすすめの問題集

これから理学・作業療法士の国家試験勉強を始める方は何らかのテキストを購入すると思います。 国家試験の勉強には過去問の問題集を購入するだけで十分です。 今回は、国家試験の勉強におすすめの過去問の問題集を紹介します。 この記事の筆者は試験対策に …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら