作業療法士 転職

精神科での作業療法士の仕事が分かる記事

投稿日:8月 8, 2019 更新日:

作業療法士の代表的な活躍の場の一つが精神科病院です。

精神科の作業療法士の仕事を詳しく知りたい方の為に、

精神科の作業療法士がどのような仕事をするのかわかりやすく紹介していきます。

スポンサードサーチ

精神科の作業療法士の仕事内容

精神科の作業療法士も他の病院と同様に患者様を治療するために働きます。

そして、治療を行うことで診療報酬を算定します。他の病院と同様です

メインとなる診療報酬は以下になります

精神科作業療法(1日につき) 220点

(1) 精神科作業療法は、精神疾患を有するものの社会生活機能の回復を目的として行うも のであり、実施される作業内容の種類にかかわらずその実施時間は患者1人当たり1日につき2時間を標準とする。なお、治療上の必要がある場合には、病棟や屋外など、専用の施設以外において当該療法を実施することも可能であること。

(2) 1人の作業療法士が、当該療法を実施した場合に算定する。この場合の1日当たりの取扱い患者数は、概ね 25 人を1単位として、1人の作業療法士の取扱い患者数は1日2単位 50 人以内を標準とする。

(3) 精神科作業療法を実施した場合はその要点を個々の患者の診療録等に記載する。

(4) 当該療法に要する消耗材料及び作業衣等については、当該保険医療機関の負担とする。

厚生労働省HP

上記が診療報酬の算定要件です。

分かりやすく要約しますね。

精神科作業療法は精神科の作業療法士が精神疾患を有する方の社会復帰を目指し、個別もしくは集団で精神科作業療法を行います。

精神科作業療法の実施時間は患者様1人当たり1日2時間で、1人の作業療法士は概ね25人を1単位として集団作業療法を実施できます。

そして、1日2単位最大50人の作業療法を実施できます

精神科作業療法を実施後はその内容をカルテなどに記載します。

これが精神科作業療法の要点で、精神科に所属する作業療法士の主な仕事になります。


精神科作業療法の内容

精神科作業療法の具体的な内容を詳しく紹介します。

精神科作業療法は先述した通り、個別もしくは集団で行います。


個別の精神科作業療法の場合

個別の精神科作業療法を紹介します。

個別では、デイルームなどのパラレルな場で手芸や工芸、読書や音楽鑑賞、何らかの勉強を行ったり、屋外で、園芸や農作業を行ったりと多種多様な作業を行います。

パラレルな場とは、集団の中で、個人が好きな活動を行う場の事です。

他にも閉じた空間で、悩みを解決するための面接を行ったりもします。


集団の精神科作業療法の場合

集団の精神科作業療法を紹介します。

集団の場合、人数が非常に多くなるので広い空間で行います。

レクリエーションや体操、スポーツ、映画鑑賞などを行います。


スポンサードサーチ

精神科の作業療法士の仕事スケジュール

ここからはある精神科病院の作業療法士の仕事スケジュールを紹介します。

仕事の細かいスケジュールは職場によって変わるので参考程度にみてください。

精神科作業療法士の仕事スケジュール

8:30 始業、申し送り、作業療法の準備

9:00 集団精神科作業療法実施

10:00 個別精神科作業療法実施

11:00 カルテ類の記録作成

12:00 休憩

13:00 作業療法の準備

13:30 集団精神科作業療法実施

15:00 カルテ類記録作成

15:30 個別精神科作業療法

16:30 カルテ類記録作成

17:30 終業

以上が精神科病院の作業療法士の仕事スケジュールです。

最大50名を午前午後に分けて行います。

人数が多いのでカルテ類の記録作成時間が多いですね。


結論

精神科の作業療法士は他の病院とは異なる点も多いです。

ですが、対象者のニーズをかなえるという所は共通しています。

なので精神科の作業療法士も大変やりがいのある仕事です。

人気記事 理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト3選 PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】

-作業療法士, 転職

関連記事

【2019年版】作業療法士の人数をまとめて紹介します【推移、領域別、認定療法士数など】

昨今、作業療法士や理学療法士の飽和が問題視されています。 この現状を詳しく知る為に、現在作業療法士は何人いるのか。そして領域別の人数や、認定作業療法士の人数、今後の人数の推移も紹介していきます。

退職代行サービスのメリット・デメリットを紹介

本記事では、退職代行サービスのメリット、デメリットを解説していきます。 「退職代行ってよく聞くけど怪しくないの?」 「退職代行を使って損することはないの?」 「本当に利用して大丈夫?」 こんな悩みを解決していきます。 スポンサードサーチ 目 …

作業療法士が副業をやるべき理由とおすすめの副業3選

副業や複業をやっているのが当たり前の時代になってきました。 これは理学療法士や作業療法士も同様で、副業が当たり前になりつつあります。 作業療法士が副業をすることはメリットしかありません。 今回は理学療法士や作業療法士の副業に興味がある方の為 …

作業療法士の国家試験に落ちた時の解決策

作業療法士国家試験は年々合格率が下がっており、国家試験浪人の方が増えています。 国家試験で浪人してしまうと、合格するのは難しいと言われるので、悩んでいる方も多いと思います。 なので、今回は作業療法士の国家試験に落ちた時の解決策をまとめていき …

作業療法士がブログを始めるメリット

現在、ブログをやっている人は非常に多く、理学療法士や作業療法士のブロガーも多くなっています。 実際、作業療法士がブログを始めるメリットは多いです。 具体的にどんなメリットがあるのか説明していします。 スポンサードサーチ 目次1 作業療法士が …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら