作業療法士

理学、作業療法士の離職率まとめ

投稿日:8月 18, 2019 更新日:

理学療法士や作業療法士の離職率は、分野、職場ごとの働きやすさを見る一つの指標になります。

なので、理学療法士や作業療法士の離職率を気にする人も多いと思います。

この記事では、理学療法士や作業療法士の離職率について様々な視点からまとめていきます。

スポンサードサーチ

そもそも、離職率とは

離職率とはさまざまな定義があるようですが、

一般的には一つの職場もしくは一つの業界、業種から1年間で離職した人の割合のことです。

今回はこの離職率の定義で話を進めていきます。


理学、作業療法士の離職率

厚生労働省HP(P9)

理学療法士協会の統計によると、

平成25年から27年の3年間で、1年当たりの平均離職率は

医療分野10.2%。介護分野18.8%になっています。

そして、訪問リハビリ、通所介護、通所リハビリの順番に離職率が高いです。

特に、訪問リハビリは37.4%と離職率が圧倒的に高いです。

この原因を調べてみました。

  • 副業として働いている人も多い
  • リスクが大きい
  • 人間関係が悪くなりやすい

この3つが挙げられます。

訪問リハビリは、理学療法士や作業療法士が本業の休日など空いた時間に副業として働いている人も多いです。そして、副業の職場を辞める人は非常に多いため離職率が高いのではないかと言われています。

そして、訪問リハビリは理学療法士もしくは作業療法士が患者様、利用者様との1対1の環境でリハビリを行う場合があり。緊急時の対応を一人で行う場合があります。

これは結構リスクが大きい事なので、プレッシャーを感じ辞めてしまうのではないかとも言われています。

最後に、リハビリ職を問わず、人間関係が悪い事で仕事を辞める人は多いです。そして、訪問リハビリのような少人数で構成されている場合の多い事業所は人間関係が悪くなりやすいようです。これによって辞める人が多いとも言われています。


スポンサードサーチ

理学療法士、作業療法士の離職率は比較的高いです

平成29年度厚生労働省

上記のグラフは産業別の入力、離職率の統計です。

理学療法士や作業療法士の離職率は医療分野10.2%。介護分野18.8%なので比較的高い離職率であることが分かります。


離職率が高い理由は転職しやすいから

理学療法士や作業療法士の離職率が高い理由は、国家資格を持っている為、求人や転職先を探すことが比較的容易だからと言われています。

分野も多様で、働き口も多い。個人にあった働き方が出来る。

これが転職しやすく、離職率が高い理由だと言われています。

離職率が高いというのは必ずしもネガティブな事では無いということです。


スポンサードサーチ

就職、転職時は離職率が高すぎる職場に注意が必要です

離職率が高いということは必ずしもネガティブな事ではありません。

しかし、一つの事業所、職場単位で離職率が高すぎる場合は注意が必要です。

理由はシンプルで、離職率が高すぎる職場は働きやすい職場ではないからです。

なので、そういった職場には就職しない方が良いでしょう。

離職率が高すぎる職場を見分ける方法は以下の通りです。

  • 求人、転職サイトの情報をみる
  • 求人、転職サイトのエージェントに相談する

求人、転職サイトの求人情報に明確な離職率は記載されていません。

ですが、一つの職場で急募の求人や多職種の求人を多数出している場合は、離職率が高い職場であり、働きにくい職場の可能性があります。

ここで判断するのも一つの手段だと思います。

ただし増床や、新規サービスの開設による増員は別です。むしろこういった求人は活躍し、自分の価値を高めるチャンスにもなり得ますね。

離職率の高すぎる職場を避けるもう一つの方法は求人、転職サイトのエージェントに相談する事です。

こちらの方が確実なのでおすすめです

求人情報に具体的な離職率は書いていないですし、求人先に直接聞くことはとても出来ません。

しかし、求人、転職サイトのエージェントであれば、それを代行してくれます。

なので、こちらの方が確実でおすすめな方法です。

人気記事 理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト3選

結論

理学療法士や作業療法士の離職率は他の業界と比べて高いですが。

決して働きにくいという訳ではありません。

しかし、一つの事業所単位で離職率が高すぎる場合は注意が必要なので、

求人サイトの情報やエージェントから得た情報を頼りにしていきましょう。

-作業療法士
-, ,

関連記事

作業療法士の国家試験合格に必要な物は過去問のテキストだけ

作業療法士になるためには国家試験に合格し、資格を取る必要があります。 作業療法士の試験に合格するには勉強が必要です。 僕は10年ほど前に試験に合格しました。その経験則から断言させてもらいます。 合格するための勉強に必要な物は過去問のテキスト …

【作業療法士必見】自己研鑽に繋がるオススメの本を紹介

一冊の本に詰まった情報量は非常に多く、読書によって圧倒的な量の知識を得ることが出来ます。 そのため、作業療法士が本を読むことは、自己研鑽に最適です。 この記事では作業療法士の自己研鑽につながるオススメの本を紹介していきます。 スポンサードサ …

理学・作業療法士におすすめのバイトとバイトの探し方を紹介

理学、作業療法士の年収は低い。現在の給料に満足していない人は多いと思います。 そんな人におすすめしたい理学、作業療法士に合ったバイトを紹介していきます。 そして、条件の良いバイトの探し方も紹介します。 スポンサードサーチ 目次1 理学、作業 …

理学・作業療法士の残業問題とそれを解決する方法を紹介

理学療法士や作業療法士の方で、終業後の長い残業で悩んでいる方も多いようです。 今回は、残業問題の実態と残業問題を解決する方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 理学・作業療法士の残業問題の実態2 なぜ残業があるのか2.1 カル …

作業療法士の収入に不満がある人は多い?収入を上げる方法を紹介

作業療法士の中には自分の収入に不満がある人も多いようです。 この記事では、収入への不満が出る理由の解説や 収入を上げる方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 作業療法士はなぜ収入に不満があるのか1.1 高い学費を払った割に収入 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら