作業療法士

理学、作業療法士のボーナスが低い理由とボーナスを上げる簡単な方法

投稿日:8月 21, 2019 更新日:

理学療法士や作業療法士のボーナスは低いと言われています。

もらえるだけマシだという考え方もありますが、ほかの業界より少ない事は事実のようです。

今回は理学、作業療法士のボーナスが低い理由を解説し、ボーナスを上げる方法を紹介していきます。

スポンサードサーチ

理学、作業療法士のボーナスが低い理由は基本給が低いから

理学、作業療法士のボーナスが低い理由は基本給が低いからです。

まずは実際、どれくらい低いのか解説していきます。

理学、作業療法士のボーナスの年間平均額は

66万円程度と言われています。

厚生労働省のデータでは、民間企業の全業界平均は

77万円程度となっています。

引用:厚生労働省HP

給料は個人差が大きく、平均が出しにくいですが、

理学、作業療法士のボーナスは、全業界平均より10万以上低いようです。

繰り返しますが、これは理学、作業療法士の基本給が低いからです。

詳しく解説します。

ボーナスは、基本給の3~4ヶ月分を夏と冬に分けて支払われる場合が多いです。

そして、理学、作業療法士の給料は基本給が低く、資格手当や職能手当など、手当の額が高い場合が多いです。

職場によってはボーナスを低くするために極端に基本給を低くしているところもあるほどです。

このような理由で理学療法士や作業療法士のボーナスは低くなっている様です。


理学、作業療法士のボーナスを上げる方法は簡単です

ボーナスを上げる方法の結論は以下の通りです。

  • 基本給を上げる
  • 基本給やボーナスが高い職場で働く

大きく分ければこの2つですね。

それぞれ解説します。


基本給を上げるには

基本給を上げる方法は、勤続すること、会社に貢献することです

基本給は勤続する事で年々上がっていきます。

しかし、職場によってはボーナスを上げないために基本給以外の手当が上がる場合や

そもそも、基本給や手当が全く上がらない職場もあります。

その場合はボーナスは上がらないです。

会社に貢献することでも基本給は上がります。

例えば、リハビリの件数を増やしたり、新しい加算を算定したり、新しい事業を創設する事で会社に貢献でき、必然的に基本給は上がっていきます

私もこの方法で基本給を上げることが出来ました。

私が基本給を上げた方法のより詳しい解説は以下のリンクに書いているので興味があればご覧ください。

⇒⇒作業療法士の安い給料を年収550万円まで上げた方法


基本給やボーナスの高い職場で働く

前述した通り、基本給が全く上がらない職場や、基本給が極端に低い職場があります。

なので、基本給やボーナスの高い職場で働く方が確実です

基本給やボーナスの高い職場を見つける方法は簡単で、

求人情報を見るだけです。

基本給が高く、ボーナスの条件が良い(基本給4カ月分など)職場を見つけるだけです。

自分で求人情報を探してもいいですし、転職エージェントに相談してもいいと思います。

どちらも無料でできるので、ボーナスを上げたい場合はぜひやってみてください。

人気記事 理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト3選

スポンサードサーチ

結論

理学療法士や作業療法士のボーナスが低い理由は基本給が低いからです。

ボーナスを上げる方法は、勤続や会社への貢献で基本給を上げるか、

基本給やボーナスが高い職場で働くことです。

いずれも、行動しなければボーナスは上がらないです。

ぜひ、行動してみてください。

-作業療法士
-, ,

関連記事

作業療法士が仕事を辞めたいなら早く辞めた方が良い理由

作業療法士や理学療法士が仕事を辞めたいと思う事は、誰にでも。必ずあると思います。 私も1度、仕事を辞めていますが、その結果はメリットばかりだったと思っています。 基本的に仕事を辞めたいときは早く辞めた方が良いので、その理由を解説していきます …

理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト2選

理学療法士や作業療法士は当然ながら、国家資格を持っています。 なので転職がしやすい職種です。この記事では、転職に成功する方法。 つまり、より良い求人情報を見つける方法をまとめていきます。 転職に悩むリハビリ職「条件の良い職場に就職、転職をし …

理学、作業療法士の離職率まとめ

理学療法士や作業療法士の離職率は、分野、職場ごとの働きやすさを見る一つの指標になります。 なので、理学療法士や作業療法士の離職率を気にする人も多いと思います。 この記事では、理学療法士や作業療法士の離職率について様々な視点からまとめていきま …

作業療法とは何をするのか。定義や経験から解説

作業療法とは主に作業療法士が行うものです。病院や介護保険施設、利用者宅など行われる領域も幅広いです。 今回は作業療法とは、何かを紹介していきます。 今後作業療法士を目指す方や、作業療法士や作業療法に関わる方は参考にしてみてください。 作業療 …

【作業療法士になるには】おすすめのルート、学校を比較して紹介

作業療法士になるには国家資格を取る必要があります。 国家資格を取るには、まず作業療法士の養成施設に入る必要があります。 養成施設に入ってからの過程や学費の紹介。実際に入学してから卒業した感想なども紹介したいと思います。 そもそもの作業療法士 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら