介護

介護職が底辺だと言われる理由と現状の解決策を紹介

投稿日:1月 2, 2020 更新日:

介護職は、残念ながら日本の底辺職として名前が上がりやすい職業です。

この記事では、介護職が何故底辺職だといわれるのか解説し

その解決策まで紹介していきます。

スポンサードサーチ

介護職が底辺だと言われる理由


底辺職の特徴としてよく挙げられるのが、

  • 給料が安い
  • 身体的につらい
  • 精神的につらい


というものがあります。

介護職はこれらに当てはまる事が多く、 給料が安く、身体的、精神的につらいというイメージが定着しておりこれら 底辺職といわれる事が多いです。

SNS上でもたびたび話題になります。



テレビでも取り上げられています。

では、実際。介護職が底辺だと言われているのか簡単に紹介していきます。


誰が介護職を底辺だと思っているのか?


SNS上での意見を取り上げていきます。





これらのように介護職やそれ以外の方など業界内外で底辺職だと思っている方は多いようです。


スポンサードサーチ

介護職が底辺職である現状の解決策は?


給料が安い事の解決策

この国では、介護職が底辺職と呼ばれる理由として挙げられる、給料が安い、身体的につらい、精神的につらいという特徴を改善する動きがみられています。

まず、給料面に関しては特定処遇改善加算と言う制度が始まっています。

これは資格や経験技術がある介護士の年収が440万円以上になる制度が始まります

年収440万円以上とは、日本の平均年収より高い金額です。

なので、介護職の給料は日本の平均年収より高くなる可能性があります。

繰り返しますが、年収440万円以上をもらうためにはいくつかの資格や経験技術が必要です

資格をとるためには10万以上のお金が必要ですが、かいご畑という無料で利用できる求人サイトに登録すれば資格を取るための補助がもらえます。

つまり、年収を440万円以上にするために必要ないくつかの資格を無料で取得できるので、大変おすすめです。

年収440万円をもらえる特定処遇改善加算についての詳しい解説は以下のリンクをごらんください。

⇒⇒特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件を紹介


身体的につらい事の解決策


介護職の身体的なつらさはいくつかあります。

体重の重い利用者さんを持ち上げたり、転ぶ危険のある利用者さんの部屋からナースコールなどが鳴ると、走って対応したりなどがあげられます。

しかしですが、これらは改善されていくようです。

具体的に言えば、技術の発展により介護職の身体的負担を負担を軽減してくれる機械、ロボットが増えたからです。

介護用のリフトを使えば介護職が利用者さんを持ち上げなくる必要が無くなります。

サイバーダイン社のHALという機械は利用者さんを持ち上げる手伝いをしてくれます。

ネオスケアという機械は、お部屋で立ち上がる利用者さんが転ぶ危険があるかを判断してくれます。

意識の高い介護施設はこのような介護職の身体的なつらさを改善する機械を導入しています。

精神的につらい事の解決策


介護職の精神的なつらさを挙げると、

認知症のある利用者さんから、暴言暴行を受けることや、突然立ち上がり、転ばせてしまうリスクがあって、精神的につらいという意見があります。

しかし、現在は暴言暴行、突然の立ち上がりなど、認知症の症状を抑える方法が確立されてきています

例えば、薬の処方による治療や、水分摂取量や運動量を管理することです。

これらを行うことが、認知症の症状を抑える効果が大きいとされていて、この先進的な取り組みを行っている介護施設がどんどん広がっています。

これで精神的なつらさは緩和されますし、こういった先進的な取り組みをすることで、介護の仕事に誇りを持つことができると思います


これらの解決策を講じている職場で働くことがおすすめ


ここまで述べてきた、介護職が底辺と呼ばれる理由を解決する策は徐々に広まっています。

つまり、解決策を十分に用意している質の高い職場で働くことが、介護職が底辺でなくなる解決策になります。

なので、底辺職でなくなる質の高い職場で働くことをおすすめします。


人気記事介護士におすすめの求人・転職サイト4選


介護職が質の高い職場で働く方法は?


介護職の給料が高くなり、身体的、精神的負担を軽減してくれる質の高い職場に就職する方法は簡単です。

大手の求人、転職サイトを利用すればいいだけです。

大手の求人、転職サイトであれば求人情報に、給料を高くする制度(特定処遇改善加算)を導入してあるか記載しています。

さらに、求人、転職サイトには転職エージェントという、転職のプロがサポートしてくれます。

今回の場合で言うと、身体的、精神的負担を軽減する取り組みをしている職場を転職エージェントが代わりに調べてくれます

そして求人、転職サイトは無料で利用できます

-介護
-, ,

関連記事

介護士が行える医療行為を紹介【守らないと逮捕されます】

介護士は国が許可を出している範囲であれば医療行為を行えます。 しかし、国から許可の無い違法な医療行為を介護職に強制する介護施設が存在します。 介護士が行える医療行為と違法な医療行為を強制する職場への対応法を紹介します。 スポンサードサーチ …

介護士にオススメの副業3選【月100万円の実例も紹介】

現在、副業、ダブルワークが主流となり、介護士の中にも副業をしている人が急増しています。 介護士にオススメの副業を、手軽なものから本格的に稼ぐものまで紹介していきます。 そして、介護士が実際に月100万円を稼いだ実例も紹介していきます。 スポ …

介護職の退職理由は何でも問題ない話

仕事を辞めるとき自分が辞める理由が正しいのか不安になる人も多いと思います。 次の職場を探すとき、前の職場の辞めた理由を聞かれることも多いです。 この記事では介護職の退職理由をまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の退職理由は …

介護士はどんな目標を持っているのか、メリットはあるのか紹介

介護士が目標を定めて行動する事はメリットが多いです。 この記事では、現役の介護士がどのような目標を持っているのか、目標を持つメリットは何なのか紹介していきます。 将来や今後の方向性に悩んでいる介護士は、他の介護士がどのような目標を持っている …

特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件を紹介

今年10月から始まる特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件をまとめていきます。 特定処遇改善加算は介護士の年収が440万円以上になる加算です。 ぜひ目指していきたいですね。 スポンサードサーチ 目次1 特定処遇改善加算を貰う方法2 特定処遇改 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら