介護

介護職のボーナスが安く、上がらない職場からは逃げた方が良い

投稿日:9月 10, 2019 更新日:

介護職のボーナスは安いかもしれませんが勤続と共に上がっていきます。

もし、貴方の職場のボーナスがあまりにも安く、向上しない場合は早目に逃げた方がいいかもしれません。

これから介護職になる人は就活時にボーナスが極端に安くないか、ボーナスが上がる職場か、よく確認するべきだと思います。

スポンサードサーチ

介護職の平均的なボーナスはどれくらい?

自分の職場のボーナスが平均より安いか知る為に、

これから介護職になる人はどれくらいの額を基準に職場を決めればいいのか知る為に、

介護職のボーナスの平均額を知り、目安にしてみてください。

この表では、月の一時金(賞与等)は48,420円となっています。

これは月給換算になっているので、これに12カ月分を乗ずると

581,040円となります。

つまり、介護職の年間平均ボーナスは約58万円ですね。

ここから税金等が引かれますのでもう少し下がります。

また、表には賞与等と書いてあるので賞与以外の金額も足されているかもしれないので、

もう少し下がりそうです。

なので、介護職のボーナスはそこまで高くない。

という結論になりそうです。

繰り返しますが、介護職のボーナス平均は約58万円です。

これを参考に自分の働く職場のボーナスを比較したり、

これから介護職の求人を探す参考にしてみてください。

一応言っておくと、介護職はボーナスがそこまで高くないですが、

その他の手当が多いので安心してください。

介護職のボーナスが安く、上がらない職場からは逃げた方がいい?

結論は早目に逃げた方がいいと思います。

なぜ逃げた方がいいか説明しますと。

介護職のボーナスが平均と比べあまりにも安い場合や、ボーナスが上がらない場合は、働く職場の環境に問題があり、将来性が無いからです。

なぜ自分の職場のボーナスは安いのか

ボーナスは、基本給×3.5~4カ月分の金額であることが多いようです。

一例ですが、基本給が15万程度でボーナスが基本給の4カ月分であれば平均水準のボーナスが貰える訳です。

なので、自分の職場のボーナスがあまりにも安い場合は、

基本給が著しく低いか、ボーナスの基準が悪い(ボーナスが基本給の1~2カ月分など)という原因が挙げられます。

基本給があまりにも低い職場やボーナスの基準が悪い職場は、

職員を大事にできていなかったり、経営が非常に不安定な職場である場合があります。

なぜ自分の職場のボーナスは上がらないのか

先述したとおり、ボーナスは基本給の数か月分である場合が多いです。

基本給は一つの職場、会社に勤続することで上がっていきます。

基本給が上がるとボーナスも当然上がります。

なので、

勤続してもボーナスが上がらない原因は、勤続しているのに基本給が上がっていない、ボーナスの基準通りにボーナスが支払われていない。

ということが考えられます。

この場合、職場の経営状況が悪く、将来性の無い職場である可能性が高いです。

ボーナスが安く、上がらない職場からは逃げた方が良い

繰り返しますが、介護職のボーナスが平均と比較して、あまりにも安い場合や

ボーナスが上がらない場合は職員を大事にしていない職場だったり

経営が不安定な職場だったりして、将来性が無いです。

将来性が無い職場で働き続けるのは、非常に勿体ないです。

なので早めに逃げることをオススメします。

スポンサードサーチ

介護職のボーナスが高い職場を見つけるのは簡単です

ここまで何度か書いてきましたが、

ボーナスは、基本給×3.5~4カ月分の金額であることが多いです。

なので、基本給が高く、ボーナスの基準が良い(基本給の4か月分以上)職場、会社を探せばいいです。

探す方法は簡単で、信憑性の高い大手の求人、転職サイトに無料登録し

基本給が高く、ボーナスの基準が良い職場を探すだけです。

途中、専属の転職エージェントに相談すれば確実だと思います。

全て無料で出来ることなのでオススメです。

自分自身の為に是非、行動してみてください。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

-介護
-, , ,

関連記事

介護士がスキルアップする方法と、そのメリットを紹介

介護士がスキルアップする代表的な方法は主に資格を取る事です。 資格の中で特にメリットが大きいのは介護福祉士や介護職員実務者研修、介護職員初任者研修です。 スキルアップする資格の概要や具体的にどんなメリットがあるかまとめていきます。 スポンサ …

介護職は残業が少ないです。もし残業しているなら改善しましょう

介護職の残業は多いのか、少ないのか気になる人は多いと思います。 なので、今回は介護士の残業について実際の状況を紹介していきます。 また、無駄な残業が多い場合の解決策も紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職は残業が少ない2 他 …

介護職が底辺だと言われる理由と現状の解決策を紹介

介護職は、残念ながら日本の底辺職として名前が上がりやすい職業です。 この記事では、介護職が何故底辺職だといわれるのか解説し その解決策まで紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職が底辺だと言われる理由2 誰が介護職を底辺だと思 …

介護士が感じているストレスと、その解消法を紹介

介護士、介護福祉士はストレスが多い職種であると言われています。 ストレスは色々な問題へ発展するリスクがあります。 実際にどんなストレスがあるのかまとめ、ストレスの解消法までまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護士が感じるストレ …

勤続10年の介護士が貰える手当はどうなった?結局、誰が貰える?

勤続10年以上の経験技術ある介護福祉士が貰えるとされていた特定処遇改善加算がついに始まりました。 結局、この加算はどうなったのか。 どんな人が手当を貰える事になったのか。 詳しく解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 手当をもらえる …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら