介護

【介護士の平均年収について】誰でもできる年収を100万円上げる方法

投稿日:7月 12, 2019 更新日:

介護士と介護福祉士の平均年収と、誰でも可能な年収を上げる方法を紹介していきます。

スポンサードサーチ

介護士の平均年収

さっそく介護士の平均年収を見ていきましょう。

330万円

平成29年 厚生労働省

2年前の統計ですが、この平均年収が高いか低いかで言えば、低いと僕は思います。

でも、現在はもっと貰ってる人が多い筈です。

実際。僕の周りの介護士もしくは介護福祉士はこの平均年収の額より多く貰っていますし。

根拠として、こんなニュースがありますよ。

介護職員の平均月給、初の30万円超え 厚労省調べ

あと、介護福祉士の資格の有無別での統計もあったのですが、資格有の方が平均年収が低いという訳の分からない結果になってました。

無視していいでしょう。

また、介護士の給料は資格の有無や施設の運営状況で大きく異なるので、介護士の平均年収はあくまで参考程度に見ていた方がいいかもしれません。

年収を上げる方法

それでは、誰でもできる年収を上げる方法をまとめていきますね。

  • 介護福祉士の資格をとる
  • 処遇改善加算手当をもらう
  • 勤続する

こんなところです。解説していきます。

介護福祉士の資格をとることで年収を上げる

介護福祉士の資格をとることで年収は上がります。

なぜなら介護福祉士の有資格者には資格手当がつくからです。

資格手当の平均は月/5千~1万円です。

年収では6~10万円以上の差が開きますね。

介護福祉士の資格の取り方は以下を参考にしてみてください。

【介護士とは】高い将来性のある仕事です

処遇改善加算の手当で年収を上げる

処遇改善加算とは、介護職員の給料を上げる為に設立されたものです。

先程、介護士の平均月収が上がっているニュースを紹介しましたが、この加算の手当の功績が大きいようです。

この加算では、最大で月に3万7千円の給料向上が期待できます。

単純計算なら年収が44万円上がります。素敵ですね。

処遇改善加算の詳しい説明は以下に書いています。

【処遇改善加算とは】給料がいくら上がるのか

この加算の手当を貰う為には、経営者側の働きに期待するしかないです。職員側が働きかける方法もありますが、ハードルがかなり高いです。

この加算を算定できない法人の経営は、正直不安定だと思いますので。

手当がもらえないなら転職も視野に入れましょう。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

勤続することで年収を上げる

介護士の年収を上げるには、これが一番良い方法です。

毎年の昇給に期待しましょう。という訳ではありません。勿論それもいいですが。

今後、こんな加算が新設される予定です。

2019年度介護報酬改定について 厚生労働省

要約すると、勤続10年以上の介護福祉士は月額8万円以上の給与向上もしくは年収440万円以上を貰えるようになるということです。

介護福祉士の資格を持ち、勤続10年以上することで年収が440万円になります。

最初に紹介した介護士の平均年収が330万円でした。

つまり、10年の勤続によって給料を100万円以上、上げることが出来るわけです。

凄いですね。

厚生労働省のリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

2019年度介護報酬改定について

スポンサードサーチ

まとめ

介護士の平均年収と、年収の上げ方を紹介しました。

結論として、

介護士の平均年収は上がっていくこと。

介護福祉士の資格は必須であることと、質の高い職場に勤続する事が大切であることを伝えたいです。

年収を上げる方法は、努力次第。

努力は誰でも可能です。ともにがんばりましょう。

-介護
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【朗報】介護士不足がチャンスである理由【早い者勝ちです】

介護士不足をニュースで知っている人も多いと思います。 ネガティブなイメージですが、この先介護士になる人や介護士として働く人にとってはチャンスでもあります。 このチャンスを活かすために、介護士にとって介護士不足がチャンスである理由を紹介してい …

介護士は底辺職ではなくなり、おすすめの仕事になった理由

介護士は底辺職だといわれている時代がありました。 給料が安く、身体的、精神的につらい仕事だったからです。 ですが、今では底辺職とはとても言えない、大変おすすめできる職業になりました。 この理由を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 …

介護士や介護福祉士が今の仕事を辞めたいときの解決策

誰しも今の仕事を辞めたい事はあると思います。 そんな時、本当に辞めてしまうか、続けるか迷うと思います。 今回は介護士や介護福祉士が仕事を辞めたいとき、辞めた方が良いか、続けた方が良いかの判断基準をまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次 …

【車椅子】購入とレンタルどちらがいいのか解説【介護】

入院患者様や施設利用者、家族の方から高齢者向けの車椅子についての相談が非常に多いです。主に金銭的な悩みや、将来的な悩みの様です。 今回は一般の方むけの内容です。 まず、車椅子の相談で非常に多いのが、購入とレンタルのどちらがいいのか解説します …

介護士の月8万円の処遇改善手当に不満をもつ人は多い?

令和元年10月より特定処遇改善加算の手当による最大月8万円の支給が始まり、 満足する意見もあれば、不満を持つ意見も多いようです。 この記事では何故不満の意見が多い背景を解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護士が月8万円の手当に …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら