介護

介護職の仕事は大変?働いても大丈夫?【結論:問題ないです】

投稿日:9月 7, 2019 更新日:

介護職は大変というイメージがありますが、他の職業よりも大変という事は無いですし、

大変だから続けられないという事は無いです。

仕事である以上、大変な所は当然ありますが、十分リターンの得られる仕事です。

なので、大変だから介護職になるのは辞めよう。という考えは持たなくて大丈夫です。

スポンサードサーチ

介護職は他の職業と比べて、特別大変な仕事ではない

介護職は大変というイメージを持っている人多いと思います。

ですが、

結論から言うと、介護職は他の仕事と比べて特別大変な仕事ではないです。

この根拠をまとめていきます。

介護職が大変という理由で仕事を辞める人は少ない

介護職が仕事を辞めた理由のアンケート結果を

紹介していきます。

グラフの通りですが、介護職の仕事を辞めた理由で多いのは人間関係や出産育児などの家庭環境の変化、

会社への不満など、どの職業でもあり得る理由ばかりです。

そして介護職の仕事自体が大変だから辞めたという回答は少ないです。

なので介護職が他の職業と比べて大変という事は決して無いです。

スポンサードサーチ

介護職の負担を軽減する取り組みを国が積極的に進めている

介護職が大変な仕事だった時代は確かにあります。

ただ、現在は違います。

介護職の負担を軽減する国の取り組みにより、介護職の負担は軽減しています。

ここでは、国が行なっている負担軽減の取り組みの一例を紹介します

例えば、介護職が立つ事のできない方や、寝たきりの方の身体を抱えたり、持ち上げたりする場面があるとします。

そのまま抱えたり、持ち上げたりするのは身体的負担が大きく、大変な業務です。

ですが、

立つ事のできない方や、寝たきりの方を介護職の代わりに抱えたり、持ち上げたりするリフトという機械があって、

このリフトを使えば介護職の負担は大きく軽減します

これはほんの一例です

ここで紹介したリフト以外にも介護職の負担を軽減する機械はありまして

これらは国の補助金で介護職の会社が購入、レンタルする事が出来るようになっています

つまり、国が介護職の負担を軽減する取り組みを積極的に行っていて

介護職は大変な仕事ではなくなってきているという事が断言できます。

なぜ、このような補助が貰えるかというと、国が介護職を増やしていきたいと考えているからです。

仕事なので大変な所は当然あるが、リターンも大きい

ここまで介護職は特別大変な仕事ではないと、説明してきました。

ですが、仕事である以上大変な所は当然あります。

ですが。

大変な分、リターンは十分に得られます。

仕事のリターンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは給料だと思います。

介護職が月に貰える給料は現在、以下のようになっています。

引用元:厚生労働省HP

厚生労働省による最新の統計では月の給料平均は30万円を超えています。

この額が大きいか小さいと感じるかは人によります。

私は十分に大きな額で、

大変な仕事に対するリターンとして、充分な額であると思います。

そして、介護職の給料はこれからも上がるとされています

今年の10月(令和元年10月)からは経験技術のある介護福祉士は月に8万以上の給与向上もしくは

年収440万以上を貰えるようになります。

これも介護の負担を軽減する取り組みと同じく、国の補助金によるものです。

なので大変な業務へのリターンはこれからも大きくなっていきます。

魅力的ですよね。

ただし、年収440万円以上を貰えるのは、経験技術のある介護福祉士が対象と書いています。

つまり、介護福祉士の資格が必要です。

介護福祉士などの資格を取る場合には、軽く十数万以上の費用が必要です

かいご畑という無料で利用できる求人サイトでは介護福祉士などの資格を取得する費用を負担してくれます。

これから介護士になる方にはオススメです。

スポンサードサーチ

自分にとって負担の少ない働き方を選ぶ事が出来る

介護職は現在、人手不足と言われています。

考え方を変えると、就職先が多く、選択肢が広いということです。

具体的にはこれくらい多いです。

引用元:厚生労働省HP

グラフの通り、有効求人倍率は4倍です

介護職の求職者に対して4倍の就職先があるということです。

なので、自分にとって大変に感じない働き方を選ぶことができます

例えば、夜勤がしたくないのであれば夜勤の無い通所介護などの仕事を選ぶ事ができますし

週末は休みたいのであれば、土日休みの職場を探せばいいです。

人間関係で悩みたくないのであれば、規模の小さな会社、介護施設を選ぶ事ができます。

このように自分に合った働き方を選ぶ事ができ、負担の少ない働き方ができます。

求人サイトの求人情報をよく確認し、求人転職サイトの転職エージェントに相談してみると良いと思います

仕事が大変なブラック企業には注意

介護業界にもやはりブラック企業はあります。

ここまで述べた介護職の負担を軽減する機械が全く導入されていなかったり

給料が昔の低い水準のままであったり

加えてサービス残業や休日出勤など劣悪な労働環境になっている

いわゆるブラック企業が存在します。

このような職場は絶対避けるようにしましょう。

ブラック企業を避ける方法は簡単で、大手の求人転職サイトにはブラック企業の求人情報は掲載されないようになっていますし。

不安があれば求人転職サイトの転職エージェントが労働環境を調べてくれます。

なので大手の転職求人サイトを利用すれば大変な労働を強いられるブラック企業に就職する事を避けれます

もちろん利用は無料なのでオススメです。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

-介護
-, , ,

関連記事

介護職の退職理由は何でも問題ない話

仕事を辞めるとき自分が辞める理由が正しいのか不安になる人も多いと思います。 次の職場を探すとき、前の職場の辞めた理由を聞かれることも多いです。 この記事では介護職の退職理由をまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の退職理由は …

介護職の将来性が高すぎる3つの理由【早い者勝ちです】

介護職は将来性の高い職業だと断言できます。 介護士になるか、介護業界に転職するか悩んでいる人は迷わず、介護職になりましょう。 今回は介護職がなぜ将来性が高いのか解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の将来性が高い3つの理由2 …

介護職の給料が安いという訴えは何故無くならないのか

介護職は処遇改善が進み平均的な給料は確実に上がっています。 それなのに介護職の給料が安いという意見はなくなっていません。 この理由を分析していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の給料は安い?2 介護職の給料が安いという訴えはなぜ多 …

介護職のブラック企業の特徴とホワイト企業を簡単に見つける方法

どの業種にもブラックな職場、ホワイトな職場はあります。 介護職も同様で、ブラックな職場では働かないことが懸命です。 介護職がブラックな企業で働かないために、ブラック企業の特徴と、ホワイト企業を簡単に見つける方法を紹介していきます。 スポンサ …

介護士の月8万円の処遇改善手当に不満をもつ人は多い?

令和元年10月より特定処遇改善加算の手当による最大月8万円の支給が始まり、 満足する意見もあれば、不満を持つ意見も多いようです。 この記事では何故不満の意見が多い背景を解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護士が月8万円の手当に …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら