介護

介護士の人数に関する情報まとめ

投稿日:10月 7, 2019 更新日:

介護士は慢性的に人手が足りないという話を聞くと思います。

実際、介護士の人数はどれくらい居て、どのくらい人出が足りないのかまとめていき、

人数が少ないメリット、デメリットまで紹介していきます。

スポンサードサーチ

介護士の人数は183万人


最新の統計では、介護士の人数は約183万人です


引用元:厚生労働省HP

数字だけ見れば多く感じるかもしれませんが、

需要に対して全く足りません。

どのくらい必要かは以下の通りです。

引用元:厚生労働省HP

都道府県が推計した介護人材の需要では、2020年度末には約216万人、2025年度末には約245万人が必要となっています。

需要と現在の介護士の人数を比較すれば、全く足りていないことはよく分かると思います。


介護士の人数が少ないデメリットは?

介護士の人数が足りてないことは日本の社会問題です。

デメリットを挙げると以下のようになります。

  • 介護業務が回らない
  • 個人の業務負担が増える
  • 介護サービスの運営ができない


介護業務が回らない

介護士の人数が足りない状態で介護サービスが運営されていたとき。

介護士が急病で休んだり、急な退職をされたとき、

介護業務が回らない可能性があります。

これは大きなデメリットです。


個人の業務負担が増える

施設に所属する介護士の人数が少ないと、その分、個人が負担する業務は増えます。

個人の負担が多いと、仕事で消耗しやすくなっていきます。

これが介護士の体調不良や退職につながる悪循環になりかねません。


介護サービスの運営ができない

これは極端な例ですが介護士の人数が不足し

介護サービスにおける人員の運営基準を満たすことができず、閉業に追い込まれる例もあります。

東京商工リサーチによると、昨年度の介護士の人手不足による介護サービスの廃業は、12件だったようです。

介護士の人数が少ないことはこういったデメリットにもつながるようです。

参考リンク:東京商工リサーチ


スポンサードサーチ

介護士の人数が少ないメリットはある?

ここまで介護士の人数が少ないことのデメリットばかり目立つ内容でしたが、メリットもあります。

  • 介護士の給料が上がっていく
  • 国に補助金などの支援を貰える
  • 条件の良い会社を探しやすい

主に以上の通りです。


介護士の給料が上がっていく

介護士の人数不足を解消するため、国は介護士の給料を上げる取り組みをしています。

引用元:厚生労働省HP

上記の通り、介護士の平均給与額は一年間で約1万円上がっており、

平成30年9月の時点で月30万を超えています。

令和元年10月にも給料を更に上げる仕組みが追加されたので、今後も給料は上がっていきます。

考え方次第ではこれも介護士の人数が少ないメリットと言えます。


国に補助金などの支援を貰える

介護士の人数が少ない理由として、

介護士の業務負担が大きいことが指摘されています。

この状況を改善するため、国が支援を行っています。

例えば、

介護士の業務負担を軽減するための介護機械、介護ロボットを、購入、レンタルするための補助金を出してくれます。

ほか、いくつかの制度により外国人の人手を増やし、介護士の業務負担を補う取り組みも積極的に進んでいます

このように介護士は需要が高く国から守られている職業です。


条件の良い会社を探しやすい

業界全体で介護士の人数が少ないということは

就職先も多いということです。

引用元:厚生労働省HP

有効求人倍率(求職者に対する求人数)は約4倍です

なので、自分にとって条件の良い会社を選びやすく、働き方の選択肢も広いです。


結論:介護士の人数が少ないメリットを活かせる職場を選ぶべき

現在、183万人程度の介護士が働いています。

需要に対してはまだまだ足りない状況です。

これにはメリットとデメリットがあるので、

なるべくメリットを生かせる職場で働くべきだと思います。

つまり、介護士の労働環境をより良くするために給料が上がっていき、国から補助金を受けている職場を選ぶべきではないかと思います。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

-介護
-, , ,

関連記事

介護福祉士国家試験の合格率と合格率の推移をまとめて紹介

介護福祉士の国家試験は毎年1月末に行われれます。 国家試験の合格率とその推移は試験の難易度や傾向を知る為の良い指標となります。 今回は国家試験の合格率と、その推移が分かるように紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護福祉士国家試 …

介護士は底辺職ではなくなり、おすすめの仕事になった理由

介護士は底辺職だといわれている時代がありました。 給料が安く、身体的、精神的につらい仕事だったからです。 ですが、今では底辺職とはとても言えない、大変おすすめできる職業になりました。 この理由を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 …

介護職は残業が少ないです。もし残業しているなら改善しましょう

介護職の残業は多いのか、少ないのか気になる人は多いと思います。 なので、今回は介護士の残業について実際の状況を紹介していきます。 また、無駄な残業が多い場合の解決策も紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職は残業が少ない2 他 …

介護職が高給って本当?【答え:事実です】

介護職の給料は安いイメージがあるけど 最近の介護職は給料が上がっていて、いわゆる高給と聞くけど、本当なのだろうか。 介護職の給料が高い職場や分野はどこだろうか。 こんな疑問にお答えします。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の給料は高給にな …

介護士におすすめの求人・転職サイト4選

「条件の良い介護の職場に就職、転職をしたいので介護士におすすめの求人、転職サイトを知りたい。条件の良い求人の選び方を知りたい 」 この悩みを解決していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護士におすすめの求人・転職サイト4選2 条件の良い …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら