介護

人間関係の悩みを抱える介護職が多い件【改善法を紹介】

投稿日:9月 2, 2019 更新日:

人間関係に悩む介護職は多いようです。

現在人間関係に悩む介護職の人や。これから介護職になろうとしている人の為に。

介護職が人間関係に悩む理由を分析し、悩みを解決する方法をまとめていきます。

スポンサードサーチ

人間関係に悩む介護職は多い

介護職が仕事を辞めた理由のアンケートの結果。

介護職の約2割が人間関係の悩みが原因で辞めているようです。

平成30年厚生労働省HPより引用

5人中、1人が人間関係の問題で辞めています。

あくまでも辞めた人の2割なので、現状、人間関係の問題を抱えたまま耐えて働いている介護職はもっと多いと考えられます

はじめに言っておきますが、人間関係の悩みを我慢する必要はありません

人間関係の悩みで辞める介護職は2割以上います

辞めることを真似して問題ありません。介護職の就職先は他にもたくさんありますから。

介護職が抱える人間関係の悩みとは

人間関係に悩むのはどの業界も多いですが、介護職はこの悩みは比較的、多いとされています。

その理由は以下のものがあります。

  • 人間関係が広くなりやすいため、人間関係がこじれやすい
  • 理不尽に厳しいおばさん職員がいる
  • 専門職が多く、意見が食い違いやすい

それぞれ解説と改善策を紹介していきます。

スポンサードサーチ

人間関係が広くなりやすいため、人間関係がこじれやすい

介護職は人間関係が広いです。上司や同僚。本部の職員や他職種の職員。利用者さんやその家族。

それぞれ時と場合に応じて関わり方を変えなければならないです。

そして人間関係が広い分、性格の合わない人が出てきてしまいます

もちろん人間関係が広い事に問題ない人もいますし、大きな問題に感じる人もいます。

改善策

人間関係の狭い職場に異動するか就職してみるのが良いと思います。

介護職にとって人間関係の狭い職場というのは、人と関わる機会が少ない職場です。

例えば訪問系の介護サービスであれば、外出する時間がほとんどです。外出中は利用者とその家族との関わりが主です。

もちろん上司同僚との関わりはゼロではありませんが、比較的人間関係が狭く同僚などと関わる時間の短い分野です

もし人間関係が広い事を問題に感じるならば検討してみてはいかがでしょうか

理不尽に厳しいおばさん職員が居る

まるでお局様の様な、理不尽に厳しいおばさん職員の存在に悩む介護職も多いようです。

どんな職業でもある悩みですが、介護職では特に多い悩みのようです

言葉が悪いですが、老害のようなおばさん職員は、若い職員への嫉妬や傲慢さなど

感情で理不尽な厳しさを発揮しているので、理屈での対策が難しいです。

このようなおばさん職員との人間関係に悩む介護職が多いのは仕方ない事です。

改善策

実は、介護業界にこのような問題のある職員への対策は割とマニュアル化してあります。

例えばお局様おばさん職員同士を一つの事業所やチームにまとめたり

ターゲットになりやすい若手の介護職を問題のあるおばさん職員から遠ざけたりするなど

配慮と工夫を凝らす法人も増えているそうです。

おばさん職員との人間関係で悩んでいるなら、このような対策をしている職場で働くといいです。

求人、転職サイトの転職エージェントに相談すれば、対策をしている職場をみつけることができると思います。

スポンサードサーチ

専門職が多く、意見が食い違いやすい

介護職は、医師や看護師。介護支援専門員や社会福祉士。リハビリ職など。

様々な専門職と共に働きます。

専門職はそれぞれことなる専門性があり、仕事観や価値観が大きく異なります。

なので意見の食い違いはどんどん生まれます。

当然、誰が正しく、誰が間違っているなんてことはありません。

それでも軋轢が大きくなり、大きな人間関係の悩みに発展する事は多いです。

このような理由で人間関係に悩む介護職は多いです。

改善策

他職種と関わる機会の少ない分野があるので、そのような分野に異動や就職してみるのがいいと思います。

例えば、グループホームや小規模多機能、サービス高齢者住宅、訪問系の介護サービスは他の介護施設、介護サービス多職種と関わる機会が少ないです。

他職種との人間関係に悩んでいる場合は検討してみてください。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

介護職が人間関係に耐えきれないなら、辞めて大丈夫

現在の環境の人間関係が悪く、耐えきれないほど辛いなら迷わず辞めるべきだと思います。

介護職の就職先はたくさんあります。言い方は悪いですが、潰しがききます。

嫌な環境で我慢して消耗する必要はありません。

自分の人生を大切にするべきだと思います。

我慢するくらいなら、改善した方が良いと思います。

-介護
-, ,

関連記事

【介護職】今の仕事が向いてないと感じる時の解決法

介護職の人で、今の仕事が自分に向いていないのではないか という不安を抱えながら働いているのは辛いと思います。 こんな不安を解消する方法を上げていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職に向いてない人はいません2 介護職が今の仕事に向いて …

介護士が行える医療行為を紹介【守らないと逮捕されます】

介護士は国が許可を出している範囲であれば医療行為を行えます。 しかし、国から許可の無い違法な医療行為を介護職に強制する介護施設が存在します。 介護士が行える医療行為と違法な医療行為を強制する職場への対応法を紹介します。 スポンサードサーチ …

介護職のブラック企業の特徴とホワイト企業を簡単に見つける方法

どの業種にもブラックな職場、ホワイトな職場はあります。 介護職も同様で、ブラックな職場では働かないことが懸命です。 介護職がブラックな企業で働かないために、ブラック企業の特徴と、ホワイト企業を簡単に見つける方法を紹介していきます。 スポンサ …

介護職は残業が少ないです。もし残業しているなら改善しましょう

介護職の残業は多いのか、少ないのか気になる人は多いと思います。 なので、今回は介護士の残業について実際の状況を紹介していきます。 また、無駄な残業が多い場合の解決策も紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職は残業が少ない2 他 …

介護職の給料が安いという訴えは何故無くならないのか

介護職は処遇改善が進み平均的な給料は確実に上がっています。 それなのに介護職の給料が安いという意見はなくなっていません。 この理由を分析していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の給料は安い?2 介護職の給料が安いという訴えはなぜ多 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら