介護

介護士の仕事はきついですが、それ以上の利益が得られる仕事です

投稿日:8月 16, 2019 更新日:

介護士、介護福祉士の仕事はきついというイメージがあります。

事実。大変な仕事です。

ですが、きつい分の利益やリターンを得られる仕事です。

実際には、どんな利益があるのか紹介していきます。

スポンサードサーチ

はじめに

今回は介護士の仕事になろうか迷ってる人や介護士がきついから辞めてしまおうか迷っている人向けの記事です。

はじめに繰り返して言っておきますが

介護士はきつい仕事ですが、それ以上の利益が見込める仕事です。

なので介護士になろうか迷ってる人は、ぜひ介護士の仕事を目指してください

きつくて辞めるか迷ってる人は続けることをお勧めしたいです。

利益とは高い給料などです

これまで述べてきた、きつい分の利益をまとめていきます。

  • 高い給料がもらえる
  • 安定した休みがある
  • 失業の不安がない
  • やりがいがある

以上が利益です。

高い給料がもらえる

介護士は給料が低い。

これはもう昔話です。

今は国からさまざまな補助金を受け、高い給料をもらうことができます。

簡単に言っていくと、

月に3万7千円もらうことのできる制度や

経験のある介護福祉士が必ず年収440万円以上になる制度が用意されています

特定処遇改善加算という制度のおかげです。

これは日本のどこでも適用されている制度です。

都会も田舎も関係ないです。

日本の9割の介護施設が対象です。

1割の介護施設はもらえませんが、もらえない施設で働かなければいいだけのことです。

これから介護士になる方や転職を考えている介護士さんは特定処遇改善加算が適用される施設かどうかを求人情報で確認してみてください。

年収440万円以上とは、日本の全産業の平均年収の水準です。

お分りいただけだと思いますが、介護士の給料が低いのは昔話です。

詳しい解説はこちら⇒⇒特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件を紹介

安定した休みがある

介護士を始め、医療福祉職は安定した休みがある場合が多いです。

分かりやすく言うと、完全週休2日であることが多いです。

毎週2日休みがあるという事です。4週8休です。

他の業界で週休2日を謳っていても、それは1カ月に一回週休2日があるだけの場合もあります。4週5休の場合があります。

安定した休みがあるのは介護士の業界ならではです。

失業の不安がない

法人の種類にもよりますが、介護施設はつぶれにくいです。

さらに、景気の影響を受けにくいです。

そして、今流行りのAIなど機械に奪われない仕事であるともされています。

なので比較的失業の不安がない職業であると言えます。

⇒⇒廃業率の推移とランキング

⇒⇒aiや機械に奪われない仕事とは

やりがいがある

介護士は非常にやりがいのある仕事です。

上げるとキリがないですが、介護の仕事をやっていて

一番のやりがいは利用者さんに感謝されることだと思います。

表面上の感謝をされることはどの業種、業界でもよくありますが。

介護士は、心からの感謝をもらうことができます。

凄くやりがいを感じる部分です。

以上がきつい仕事をこなした事で得られる利益です。

きつい分の利益は十分得られると思います。

スポンサードサーチ

介護士の仕事がどうしてもきつい場合は一旦辞めても大丈夫

ここからはすでに介護士として働いている人向けの内容になります。

何らかの理由で仕事がきつく辞めたいならば、辞めても大丈夫です。

なぜなら、その職場を辞めても、介護の求人は他にもたくさんあるからです

新しい職場でも、これまで述べた利益を得ることは出来ます。

さらに、新しい職場では新しい経験や技術を得ることが出来ます

仕事を辞めるということは決してネガティブなことではありません。

耐えられないほどきつい仕事を無理に続ける方がネガティブな事です。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

人気記事【介護士になるには】介護士は高い将来性のある仕事です

まとめ

介護士の仕事はきつい割に給料も安いなんていうのは遠い昔の話です。

いまは全産業の水準以上の給料を得られる大変やりがいのある仕事です。

もし、介護士になるか迷っているなら、ぜひ目指してください。

-介護
-, ,

関連記事

介護士と介護福祉士の違いって何?資格を取るメリットは?

介護士と介護福祉士の違いや、資格を取るメリットがあるのか解説していきます。 また、介護福祉士の資格をほぼ無料で取得する方法も紹介していきます。 この記事でいう介護士とは、介護福祉士の資格を持っていない介護職員全般を指します。 スポンサードサ …

介護士が行える医療行為を紹介【守らないと逮捕されます】

介護士は国が許可を出している範囲であれば医療行為を行えます。 しかし、国から許可の無い違法な医療行為を介護職に強制する介護施設が存在します。 介護士が行える医療行為と違法な医療行為を強制する職場への対応法を紹介します。 スポンサードサーチ …

介護職の退職理由は何でも問題ない話

仕事を辞めるとき自分が辞める理由が正しいのか不安になる人も多いと思います。 次の職場を探すとき、前の職場の辞めた理由を聞かれることも多いです。 この記事では介護職の退職理由をまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の退職理由は …

【不安】介護職に未経験で就職しても大丈夫?【結論は問題なしです】

介護職は国から必要とされている職業で、年々給料が高くなっている職業です。 なので未経験から介護職を志す人も多くなっています。 基本的には未経験から介護職になることは全く問題ないのでその理由や根拠を解説していきます。 スポンサードサーチ 目次 …

勤続10年の介護士が貰える手当はどうなった?結局、誰が貰える?

勤続10年以上の経験技術ある介護福祉士が貰えるとされていた特定処遇改善加算がついに始まりました。 結局、この加算はどうなったのか。 どんな人が手当を貰える事になったのか。 詳しく解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 手当をもらえる …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら