介護

介護士が行える医療行為を紹介【守らないと逮捕されます】

投稿日:8月 30, 2019 更新日:

介護士は国が許可を出している範囲であれば医療行為を行えます。

しかし、国から許可の無い違法な医療行為を介護職に強制する介護施設が存在します。

介護士が行える医療行為と違法な医療行為を強制する職場への対応法を紹介します。

スポンサードサーチ

介護士が行える医療行為は?

介護士が行える医療行為は資格の有無しだいで変わってくるようです。

全ての介護士が行える医療行為

・耳垢を取り除く
・爪切り、爪やすり
・歯ブラシ、綿棒による口腔ケア(歯・口腔粘膜・舌)
・ストーマのパウチに溜まった排泄物除去
・自己導尿補助、カテーテルの準備、体位保持
・市販の浣腸器による浣腸

無資格の介護士が行える医療行為はこれだけです。

あと、勘違いされる方が多いですが。

医療行為は医師の指示のもとで無ければ行えません。

つまり、看護師など、医師以外の専門職は指示が行えないということです。

スポンサードサーチ

資格を持った介護士が行える医療行為

実務者研修を修了し、介護福祉士を持った介護士であれば、以下の医療行為が行えます

  • 口腔内の喀痰吸引
  • 鼻腔内の喀痰吸引
  • 気管カニューレ内部の喀痰吸引
  • 胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
  • 経鼻経管栄養

繰り返しますが、医療行為は医師の指示のもとでのみ行えるものです。必ず守りましょう。

情報元:厚生労働省HP社会福祉士及び介護福祉士法

医療行為と勘違いされやすいが医療行為とみなされないもの

医療行為では無いので、介護士が行えると厚生労働省から明言されているものは以下の通りです。

服薬介助
・軟膏塗布(褥瘡以外)
・湿布を貼る
・目薬をさす
・坐薬を挿入する
・軽い切り傷や擦り傷の処置
・体温計での体温測定
・自動血圧測定器での血圧測定
・酸素濃度測定器の装着

これらは医療行為でないので、医師の指示は必要ないです。

もちろん医師、看護師との連携は必須ですが。

スポンサードサーチ

介護士が行えない医療行為を介護士が行うと逮捕されます

これまで挙げた介護士が行える医療行為以外は一切行えません。

もし行った場合は、最悪逮捕されます。

実例があるので引用して紹介します。

老人ホームで違法医療行為、容疑で元施設長ら22人書類送検へ 大阪府警

2015.10.2


 社会福祉士・介護福祉士法に基づく登録をせず、老人ホームの入所者に鼻から栄養剤を補給する「経管栄養」などの医療行為をしたとして、大阪府警羽曳野署は2日、同法や医師法違反の疑いで、大阪府羽曳野市の介護付き有料老人ホーム「グランパ羽曳野」の元施設長(43)や介護職員ら22人と、運営法人を近く書類送検する方針を固めた。

朝日新聞

記事の通りです。

介護士が認められていない違法な医療行為を行うと、書類送検されます。

指示をした医師や、認めた施設長側だけではないですよ。

介護士も、書類送検されています。

他人事ではないです、要注意です。

自分のやっている事が違法な医療行為でないか、よく確認してください。

介護士に違法な医療行為を強制する職場からは急いで逃げましょう

実は、違法な医療行為を介護士に強制する職場は多いようです。

全国介護労働組合総連合HPより引用

こんなツイートもあります。

以上の様に、違法な医療行為は蔓延しているようです。

介護士の方はもう一度、自分の行っている医療行為が違法でないか確認してみましょう。

もし、違法な医療行為なら直ちにその業務は辞めましょう。

もし、貴方の職場が違法な医療行為を介護士に強制するなら。職場が違法な医療行為を断りにくい環境を作っているなら。

その職場を辞めた方が良いです。

理由は先述した通り、最悪逮捕され、将来を失うからです。

違法な医療行為を認める職場と、自分の人生。大切にすべきは間違いなく自分の人生です。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

結論

介護士が行える医療行為はいくつかあり、資格の有無にもよります。

介護士が行えない違法の医療行為をすると、最悪逮捕されるので絶対やめましょう。

もし、違法な医療行為を強制する職場なら巻き添えになる前に急いで逃げましょう。

-介護
-, , ,

関連記事

介護職のブラック企業の特徴とホワイト企業を簡単に見つける方法

どの業種にもブラックな職場、ホワイトな職場はあります。 介護職も同様で、ブラックな職場では働かないことが懸命です。 介護職がブラックな企業で働かないために、ブラック企業の特徴と、ホワイト企業を簡単に見つける方法を紹介していきます。 スポンサ …

介護職の将来性が高すぎる3つの理由【早い者勝ちです】

介護職は将来性の高い職業だと断言できます。 介護士になるか、介護業界に転職するか悩んでいる人は迷わず、介護職になりましょう。 今回は介護職がなぜ将来性が高いのか解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職の将来性が高い3つの理由2 …

介護職に男性が就職しても大丈夫?【結論:問題ないです】

介護職は将来性が低いのではないか、給料が低いから男には向かないのではないか。 そんなことは無く、介護職は将来性がある給料も高い職業で、むしろ介護職は男性にこそオススメできます。 この理由をまとめていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護 …

介護士と介護福祉士の違いって何?資格を取るメリットは?

介護士と介護福祉士の違いや、資格を取るメリットがあるのか解説していきます。 また、介護福祉士の資格をほぼ無料で取得する方法も紹介していきます。 この記事でいう介護士とは、介護福祉士の資格を持っていない介護職員全般を指します。 スポンサードサ …

介護職のボーナスが安く、上がらない職場からは逃げた方が良い

介護職のボーナスは安いかもしれませんが勤続と共に上がっていきます。 もし、貴方の職場のボーナスがあまりにも安く、向上しない場合は早目に逃げた方がいいかもしれません。 これから介護職になる人は就活時にボーナスが極端に安くないか、ボーナスが上が …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら