介護

介護士の月8万円の処遇改善手当に不満をもつ人は多い?

投稿日:

令和元年10月より特定処遇改善加算の手当による最大月8万円の支給が始まり、

満足する意見もあれば、不満を持つ意見も多いようです。

この記事では何故不満の意見が多い背景を解説していきます。

スポンサードサーチ

介護士が月8万円の手当に不満を持つ理由


以下のツイートを見てみてください。

SNSなどで上がってる不満、否定意見で最も多いのは月8万円に全く届かないという点のようです。

特定処遇改善加算のルールをおさらいすると、以下のようになっています。


施設等の職員をABCにグループ分けします。

A:経験・技能のある介護職員
B:A以外の介護職員
C:その他の職種の職員(役職者を除く年収440万円以上の者は対象外)

①「A:経験・技能のある介護職員」のうち1人以上は、月額8万円の賃上げまたは年収440万円(手当等を含む)までの賃金増が行われていること。

②平均の処遇改善額が、
・AはBの2倍以上とすること
・CはBの2分の1を上回らないこと

要約すると、平均は最大でA:B:C=2:1:0.5になるということです。

Aのうち1名は必ず月8万円もしくは年収440万円以上の手当が貰えますが、

そうでない人は、あまり恩恵を得られない可能性があります。


そして現状、得られる手当が月8万円以下の介護士から不満が上がっていることが

多いようです。


月8万円を貰える介護士が不適切との意見もある


介護士が月8万円もしくは年収440万円を貰える基準は10年以上の経験、技術のある介護福祉士です。

しかし、その基準からみて、明らかに不適切な介護士が貰っていると感じる人も多いようです。

上記のツイートの通り、理事長や上司などのお気に入りや、ごますり上手が貰っているという意見もあります。


もちろん、これらのツイートは単なる偏見かもしれないですし、上司に気に入られる事も立派な能力です。

それでも、給付対象が明らかに不当で、不満があるならば、改善するよう上司、上層部へ意見を出すか、適切に給付対象を選んでくれる職場で働く等の行動をおこした方が良いです。


スポンサードサーチ

月8万円の特定処遇改善加算に満足している介護士もいる


1つの事業所に1名は必ず月8万円もしくは年収440万円の手当を貰うことが出来ます。このような人達は不満は少ないと思います。

先述した通り、給付対象が不適切だという意見はあるようですが、適切な介護士に給付している事業所、法人もあります。

具体例としては。

基準の通り、経験技術のある介護士や、業務管理に長けた介護士に月8万円を給付する法人、事業所があるようです。

また。

私は仕事上、地域の介護士と交流する機会が多く、月8万円を貰えることになった介護士を知っているのですが。

その方は、地域連携会議や、老健大会などの学会発表で活躍しています。

つまり、貰うべき方が貰う事もできているようです。


結局は法人、事業所次第かもしれません

特定処遇改善加算の配分は完全に法人、事業所の裁量に一任されています。(国の定めたルール内で)

なので、満足か不満足なのかは法人、事業所次第というのが現実です

自分の働く法人の月8万の配分が間違っているならば、適切な配分を行う法人、事業所で働くことが一番です。

ただ、適切な配分を行う法人で働くだけでは駄目です

月8万円を貰う事の出来る介護士はそれだけの活躍をしている人が多いので、それ以上の努力が必要です。

最後は自分がどれだけ行動できるかです。

がんばってください。

人気記事 介護士におすすめの求人・転職サイト4選

-介護
-, , ,

関連記事

【介護職】今の仕事が向いてないと感じる時の解決法

介護職の人で、今の仕事が自分に向いていないのではないか という不安を抱えながら働いているのは辛いと思います。 こんな不安を解消する方法を上げていきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護職に向いてない人はいません2 介護職が今の仕事に向いて …

介護士の仕事内容を分野とサービスごとに紹介

介護士は仕事の幅が広く、求人や転職先を選ぶ際に悩むことが多いと思います。 今回は介護士の仕事内容について、基本的な仕事内容から各分野と各施設ごとの仕事内容まで詳しく解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 介護士の基本的な仕事内容2 …

特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件を紹介

今年10月から始まる特定処遇改善加算を貰う方法や算定要件をまとめていきます。 特定処遇改善加算は介護士の年収が440万円以上になる加算です。 ぜひ目指していきたいですね。 スポンサードサーチ 目次1 特定処遇改善加算を貰う方法2 特定処遇改 …

介護職の仕事は大変?働いても大丈夫?【結論:問題ないです】

介護職は大変というイメージがありますが、他の職業よりも大変という事は無いですし、 大変だから続けられないという事は無いです。 仕事である以上、大変な所は当然ありますが、十分リターンの得られる仕事です。 なので、大変だから介護職になるのは辞め …

勤続10年の介護士が貰える手当はどうなった?結局、誰が貰える?

勤続10年以上の経験技術ある介護福祉士が貰えるとされていた特定処遇改善加算がついに始まりました。 結局、この加算はどうなったのか。 どんな人が手当を貰える事になったのか。 詳しく解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 手当をもらえる …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら