営業

営業は足が命、足で稼ぐ←昔話になりそう

投稿日:10月 3, 2019 更新日:

私は医療法人の営業職として働いています。

営業職の働き方と言うのは、日々変化しており、その常識というのも変化しています。

よく言われた言葉ですが、「営業が足が命」、「営業は足で稼ぐ」という、この常識も変わってきている様です。

スポンサードサーチ

「営業は足が命、営業は足で稼ぐ」ではなくなった?なぜ?

時代の流れに伴い、営業職は足で稼ぐ時代ではなくなってきたと言われています。

その理由を具体的に言うと、ICT(情報通信技術)の発展が一番の理由です。


※ICTとは?

ICT(情報通信技術)とは、 情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。

コトバンク


要するに、インターネットの普及によって、PCやスマートフォン、タブレットで会社と顧客がつながり、クラウドやSNSでのデータのやり取り。

テレビ電話での営業活動、営業報告が主流となってくると言われています。

ということで、営業は足が命、ではなくなります。

つまり、営業は足で稼ぐ時代ではなくなります。

営業の主流はICTが命になってくる、ということです。


なぜ営業は足が命、足で稼ぐより、ICTが大事になる?

この理由は2つあります。

  • 時間効率が良い
  • コストパフォーマンスが良い

それぞれ解説します。


時間効率が良い

従来のやり方では、電話やメールなどで顧客に対してアポ取りを行い、

訪問や待ち合わせを行うというのが主流でした。

これが所謂、営業は足が命で、足で稼ぐというやり方です。


このやり方は、移動や待ち合わせの時間ロスが多いです。


ICTが進歩した現代では営業のやり方は大きく異なります。

まず、顧客に対するアポ取りを電話やメール、SNSなどで行います。

その後の、商談や交渉もICTの端末で行う事ができます。

つまり、全てデスクの上で完結する事ができるという訳です。

場合によってはアポ取りの、直後に商談を開始できます。


なので、

移動の時間などを大幅に削減する事ができ、その分、営業の件数を増やす事ができます。

なので足が命の営業より、ICTを用いる方が時間の効率が良いということです。


コストパフォーマンスが良い

先述した通り、ICTを利用した営業は会社のデスク上で完結することができます。

従来の、足で稼ぐ営業活動には移動費やスペースを確保する費用、その他雑費が必要でしたが、これらのコストはほぼ不要になります

また、営業の数もこなせるようになるため、その分、収益の向上にも期待できます。


なので、ICTを利用した営業と言うのは、足で稼ぐ営業よりコストパフォーマンスが良いです。


スポンサードサーチ

ICTを利用した営業のデメリットは?

ここまでICTを利用した営業のメリットを多く紹介してきましたが、

次はICTを利用した営業のデメリットを紹介していきます。

  • 導入コストが必要
  • 機器の不具合が起こる可能性がある
  • 顧客側もICTを導入している必要がある

こんなところです。


導入コストが必要

導入のコストが必要です。さらに導入後のメンテナンスなどの維持費も必要になってきます。

それでも従来の足で稼ぐ営業と比較すれば、コストパフォーマンスは圧倒的に良いですが、

これまで必要なかった費用がかかるというのはデメリットになりそうです。


機器の不具合が起こる可能性がある

ICTの機器を使って営業をしている最中に、

フリーズするなどの不具合が発生し場合、その対処には多くの時間がかかるかもしれません。

不具合が発生した時の事前対策が取れていれば良いですが、そうでなければ、割と悲惨なことになりそうです。

こういった問題は、足で稼ぐ営業では発生しないので、これはICTを利用した営業のデメリットとなりそうです


顧客側もICTを導入している必要がある

当然のことながら、ICTを利用した営業を行う為には

顧客側もICTを利用できる環境が整備されている必要があります。

現状は、まだまだICTが普及しきっていないので、ICTを利用した営業の相手が限られているのがデメリットになります。


営業は足が命、足で稼ぐ時代はもう少し続きそう

先述した通り、ICTはまだ普及しきっていないので、ICTを利用した営業の顧客は限られてしまいます。

なので「営業は足が命、足で稼ぐ」の時代はもう少し続きそうです。


とはいえ、通信技術が日々進化しているのも事実です。

有名なもので言えば5G(第5世代移動通信システム)ですね。

5Gは2020年にサービスが開始されるとされており、これによりICTも格段に進化すると言われています。

ICTの進化により、営業の幅が拡大していき、ICTを利用した営業が常識になる時代が来ると思われます。


スポンサードサーチ

時代の波に取り残される企業には注意しましょう

営業に限らず、あらゆる業務にICTを利用する時代は必ずやってきます。


この時代の波に乗れない企業には注意しましょう。

大企業であれば心配する必要はないですが、中小企業の場合は、コストや運営方針の関係でICTを導入できない事があるかもしれません。


残念ながら、新しい時代の波に乗れない企業の行く末は、波に飲まれて沈んでいくだけです。

なので、自分の働く企業の行く末は良く見極め、身の振り方を考えていくべきではないかとも思います。

「営業は足が命」、「営業は足で稼ぐべき」このような考えを捨てる事の出来ない企業と共倒れすることだけは避けた方が良さそうです

-営業
-, ,

関連記事

営業の成果が上がるPDCAの全てが分かる記事

あらゆる業界、分野で用いられるPDCAサイクルですが、営業成績を上げるためには必須になります。 今回はPDCAサイクルの全てを理解できるよう解説していきます。 スポンサードサーチ 目次1 営業の成果が上がるPDCAサイクルとは1.1 Pla …

営業スキルとは何か、スキルを簡単に高める方法

営業スキルはあらゆる分野で必要とされており、医療福祉業界や教育業界まで必要とされる時代になっています。 今回は営業に慣れていない方が今後、営業で成功するために必要な営業スキルを簡単に上げる方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 …

営業がきついと感じる理由ときつい状況を改善する方法を紹介

どんな職業にもきついと感じる瞬間はあります。 これから、営業職として働く人の為に営業がきついと感じる瞬間、やりがいや楽しさを感じる瞬間を自身の経験を基に紹介していきます。 また、営業職として働いている人の為に営業のきつさを改善する方法も紹介 …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら