読書

読書の速度を簡単に上げる方法【初心者向け】

投稿日:10月 5, 2019 更新日:

読書の速度を上げると、読む本の数を増やすことができます。

例えば、読書の速度が2倍になれば、読書量も2倍になります。

読書量が多いことのメリットは言うまでもないですね。

今回は読書の速度を上げる方法を紹介していきます。

スポンサードサーチ

読書の速度を上げるには数をこなすのが一番

いきなり結論ですが、

読書の速度を上げるには数をこなすのが一番簡単で確実な方法です。


あまり、読書に親しみのない方は読みやすい、誰が読んでもとにかく面白い本を読めば良いと思います。

読書は慣れていくものなので、数をこなせば自然と読書の速度は上がっていきます。


私の場合、読書を始めたばかりの頃は月に1、2冊くらいしか読めなかったです。

ですが、とにかく面白い本を選んで読んでいけば自然と読書の速度は上がりました。

現在では月に10冊くらいは読めるようになっています。


読みやすく、面白い本の探し方は簡単で、

本屋大賞や直木賞などを受賞した作品や

映画やドラマ、アニメ化された作品は面白さが保証されているので、そこから選ぶと良さそうです。

一応、オススメの作品をまとめているので良ければ参考にしてみてください。


楽しむことが目的なら速読術はおすすめできない

速読術というものを聞いたことがある人は多いと思いますが、

読書を楽しみたい人には速読術を使って読書の速度を上げる事はオススメできません。

この理由について、速読術について引用して説明してみます。


まずは速読術についてです。

速読術(そくどくじゅつ、英:speed reading)とは、文章を速く読むための技術であり、時には読書法も含まれる場合もある。読書速度を向上させ、効率的に大量の書物を読破する技術である。

Wikipedia


続いて速読術の訓練方法です。


一定の間隔を開けた●と●の間を行き来する、2行以上まとめて読むなどの方法、パソコンや専用の機械を用いた訓練法等がある。

簡単に効果を実感できるものとして、以下のようなものがある(ただし速読法は様々な種類があるので、これはあくまで一例である)。用意するもの – 興味ある分野の本、ストップウォッチ

其の1 – 1分間にどの程度読めるか、読書速度を計る。

其の2 – 本をパラパラとめくりながら、1分程度活字を眺める。

其の3 – 次に1ページあたり、1秒程度の速度で眺める。こちらも1分程度。

まとめ – これで2倍程度の読書速度に向上しているはずである。ただしこれは一時的な効果でしかない。ここから読書速度を向上させたり維持させたりするためには更なる訓練が必要である。

Wikipedia

いかがですか?

これで読書の速度は上がるかもしれませんが、

速読術の訓練を意識しながら読書をして、楽しめるとは正直思えません。

そもそも訓練、というのがハードルが高く感じます。

もちろん、速読術は試験対策や論文作成など、文献を大量に理解する際には有効な手段だと思います。

ですが娯楽として、読書を楽しみ、速度を上げたい、という人にはあまりオススメできないです


スポンサードサーチ

読書の速度の事ばかり意識するのも良くない

読書の速度を上げる事ばかり意識するのも良くないです。


あくまで、読書は何らかの目的を持って行うものです。

知識を身につけたい、新鮮な体験をしたい、とにかく楽しみたい、などなど人それぞれだと思います。

それなのに読書の速度にばかり気を取られると、本を読む本来の目的を見失ってしまうかもしれません。


実際、私も速読って何となくカッコいいと思い、本を読む速さにばかり気を取られていた時期がありました。

その結果は悲惨なもので、速さに気を取られるあまり、本の内容を読み取ることは全くできず

読書で得られたものは何も無かったです。

なので読書の速度ばかり意識せず、本来の目的を大切にすることをオススメします。

本来の目的を忘れず、読書を続ければ、自然と読書の速度は上がります。

気長にがんばりましょう。


大量の本を読むにはお金が必要

本を読むには購入するか、図書館でレンタルするかなどの方法があります。

ここは好みでいいですが、借りた本は読まないという言葉もあります。

図書館や人から借りた本は別に読まなくてもいいかなという考えを持ってしまい、結局、読まないまま返すという事がよくあります。

自分で購入した場合は、本に対する愛着が沸きますし、

お金をかけた以上、読まないと勿体ないという気持ちになり自然と読むようになります。

なのである程度は本にお金をかけた方が良いのではないかと、私は思います。


なるべく読書にお金をかけたくないならばサブスクリプションを利用することがオススメです。

サブスプリクションは一定期間の利用に対して、代金を支払う事で好きなだけサービスを受ける仕組みで、

有名な物は、huluやNetflixなどの動画見放題の配信サービスがあります。

そんなサブスクリプションの中には、本を読み放題のサービスがあり、それはアマゾンプライムです。

ごぞんじ、amazon社が提供するサービスで、月会費500円もしくは年会費4900円で対象の映画や音楽、本などのサービスが利用し放題になるものです。

月500円から対象の本を自由に読むことが出来るので、お得に読書を始めることができると思います。

⇒⇒アマゾンプライムはこちら


スポンサードサーチ

結論:楽しみながら読書の速度を上げましょう

読書は楽しんでなんぼだと思います。

無理して読書の速度を上げようとしても挫折するだけなので

楽しみながら読書を続けていくのが一番だと思います。

読書を楽しみましょう。

-読書
-,

関連記事

読書が遅い事は問題ではない話【速くする方法も紹介】

読書を始めようと思っている人や、始めてみた人に多い悩みで、読書が遅いというものがあります。 しかし、読書が遅いというのは特に問題にならないのでその理由を解説し、読書を早くする方法もまとめて紹介します。 スポンサードサーチ 目次1 読書が遅い …

読書を趣味にしたい人向けの、読みやすく面白い本を紹介

読書を趣味にするメリットは非常に多いです。 私は小説をメインに年間100冊くらい読んでいます。 これまで読んできた本の中から、本に馴染みは無かったけど、これから読書を趣味にしたいという人向けの、読みやすく面白い本を紹介していきます。 スポン …

読書が続かない時は、一度読書を辞めた方が良い

読書を趣味にしたい、習慣化したい。 そう思って読書を始めたけど、なかなか続かない。 そんな人は多いと思います。 この記事ではこれから読書を始める人が、読書を継続していく方法を紹介します。 スポンサードサーチ 目次1 【悲報】読書は基本的に続 …

読書が疲れる人は多い?【年間100冊読む人の対策】

読書を始めてみたけど、疲れるためにすぐ辞めてしまう。 疲れるから、読書をする気がしない。など、このような悩みを抱える人は多いようです。 年間100冊読む私が、この悩みの解決策を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 【悲報】慣れてい …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら