作業療法士 国家試験

作業療法士の国家試験に落ちた時の解決策

投稿日:8月 2, 2019 更新日:

作業療法士国家試験は年々合格率が下がっており、国家試験浪人の方が増えています。

国家試験で浪人してしまうと、合格するのは難しいと言われるので、悩んでいる方も多いと思います。

なので、今回は作業療法士の国家試験に落ちた時の解決策をまとめていきます。

スポンサードサーチ

作業療法士の国家試験に落ちた時の解決策

国家試験に落ちた場合の解決策は

  • 半年間集中して勉強する
  • テキストを揃える

主にこの2つです。

半年間集中して勉強する

浪人してしまった場合は学生時代のように時間の確保が難しいと思います。

学生時代なら全ての時間を国試対策にあてることができ、3、4ヶ月あれば合格ラインを狙えます。

でも、浪人してしまった場合は働きながら勉強する事が多いと思うので、そうはいきませんよね。

なので、半年間は必要だと思います。

空いた時間を国試対策にあてて、半年間確保すれば大丈夫だと思います。

もちろん1年間かけて勉強するのもいいですが、ほぼ独学で1年間モチベーションを保つのは非常に困難です。

事実、国家試験に落ちた方が集中して勉強を始めるのは半年前くらいが多いです。

なので半年間集中的に勉強することを勧めます。

得点率8割で合格できた勉強の方法が以下のリンクに書いてあるので興味のある方は見てみてください。

⇒⇒作業療法士国家試験に必ず合格できる3つの勉強方法

テキストを揃える

タイトルの通りですが、国試対策の勉強に使用するテキストを揃えます。

基本的には最新版の過去問テキストだけ買えばいいです。

要するに2019年の過去問まで記載されているテキストです。

前年度のテキストを使い回すのはおすすめしません。なぜなら国家試験の傾向はどんどん変わっていきます、

その変化に対応するためには常に最新の情報を得なければならないからです。

なので、僕は最新の過去問テキストを揃えることをおすすめします。

金銭的に厳しいとは思いますが、作業療法士として働き出せば1週間もかからず元が取れる金額です。

過去問テキスト以外のテキストは買わなくていいと思います。

養成施設で3、4年間使用した教科書などを用いて、過去問テキストを理解していけば良いと思います。

人気記事 【2020年版】理学・作業療法士の国家試験勉強におすすめの問題集

⇒⇒作業療法士の国家試験合格に必要な物は過去問のテキストだけ

国家試験に落ちた場合、合格するのは難しいのか

一般的には難しいと言われています。

作業療法士の国家試験に落ちた再受験者の合格率は例年2割程度です。

だからといって、やらないわけにはいきません。

作業療法士に合格しなければ養成施設で過ごした3、4年間と学費が無駄になります。

残念ですが、落ちてしまったものは仕方ないです。

半年間、集中してがんばることをおすすめします。

再受験の合格率は低いですが、再々受験だと更に合格率は低くなります。

必ず合格できるようがんばってください。

参考リンク⇒⇒厚生労働省HP

スポンサードサーチ

まとめ

作業療法士の国家試験の再受験で最も難しい事はモチベーションの維持だと思います。

作業療法士は素晴らしい仕事ですので、作業療法士になりたい初心を忘れずがんばってください。

よければ、先述した勉強法も参考にしてみてください。

人気記事【2020年版】理学・作業療法士の国家試験勉強におすすめの問題集

-作業療法士, 国家試験
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

理学・作業療法士の残業問題とそれを解決する方法を紹介

理学療法士や作業療法士の方で、終業後の長い残業で悩んでいる方も多いようです。 今回は、残業問題の実態と残業問題を解決する方法を紹介していきます。 スポンサードサーチ 目次1 理学・作業療法士の残業問題の実態2 なぜ残業があるのか2.1 カル …

作業療法士国家試験に必ず合格できる3つの勉強方法

国家試験の対策や勉強方法で悩んでいる方のために必ず合格できる勉強方法を紹介します。 今年の作業療法士国家試験の合格率は71%でした。これからも試験の難易度は上がるといわれています。 ですが。今回紹介する勉強方法は今後の国家試験にもずっと対応 …

作業療法士が公務員になる方法、メリットとデメリットも紹介

公務員は昔から人気の職業です。 人気の理由は生活が安定するというイメージからだと思います。 作業療法士も公務員として働くことができます。 今回は作業療法士が公務員として働く方法やメリットとデメリットを紹介していきます。 スポンサードサーチ …

作業療法士が仕事を辞めたいなら早く辞めた方が良い理由

作業療法士や理学療法士が仕事を辞めたいと思う事は、誰にでも。必ずあると思います。 私も1度、仕事を辞めていますが、その結果はメリットばかりだったと思っています。 基本的に仕事を辞めたいときは早く辞めた方が良いので、その理由を解説していきます …

理学・作業療法士におすすめの求人、転職サイト2選

理学療法士や作業療法士は当然ながら、国家資格を持っています。 なので転職がしやすい職種です。この記事では、転職に成功する方法。 つまり、より良い求人情報を見つける方法をまとめていきます。 転職に悩むリハビリ職「条件の良い職場に就職、転職をし …

みなと
作業療法士や居宅介護事業所の運営、余剰資金での株式投資で生計をたてています。

このブログでは生活や仕事のお役立ち情報。

介護や医療、リハビリの悩みを解決する情報をまとめています。

>>YouTubeはこちら